あかしあのみち

acaciawalk.exblog.jp
ブログトップ

中田久美が久光のコーチ就任

http://www.springs.jp/image/topics/0548.pdf

マジですかっ。かなりの驚きでありますが。

アリー氏時代は、選手として中田へのアプローチはかなりあったと思ったけど、
ここに来て、大東さん・・・なかなかやりますなぁ。
というか、セッターの育成、今のままではできないってことでしょ(笑)
素直でよろしい。

で、誰を育成するのかな?まずは古藤さん?
若手ではないですが、初めてプレミアを第一セッターとして
任されることになるから、かなりのプレッシャーはあったはず。
久美が来たことで、さらなるプレッシャーにならなきゃいいですが(笑)
でも、絶対、心強いよね、良かったと思う。
それから南選手。ちょうど久美と同じくらいの背ですので、
大きく育てていただきたいと思いますです。

あと、もう1~2名、来年は取りたいですねぇ。
大学出身の即戦力+高校生の将来有望枠あたりを。
久美がコーチということで、取りやすくなるかもしれない。

----------------------------
1日あけて。

ネットでの評判とか見てると、
「てめぇら、このやろ~」があまりにも有名すぎて、
心配する声もチラホラ。

まぁ、確かに。

でも、久美も不惑を過ぎて、大人になったと思う(笑)から、
そんなには心配してない。
それに、戦術は大東さんがやればいいと思う。
去年もそうだったし、そこは監督に任せたほうが良い。
というか、そうしてください。
あくまでセッターコーチとしてと、
精神的な部分の支えだったり教えだったりを期待。
ただ、あまり根をつめると、選手が早く消耗してしまいそうなので、
それだけは注意願いたいかな。
昔の日立とは訳違いますし、日本代表でもないですからね。

ちょうど、久美を題材にしたコラムが最近出てましたね。
中田久美、指導者としての新たな一歩

「戦っていないと、私、死んじゃう」
「五輪は観るものではなく出るもの」
「ケンカできるセッターを育てたい」

代表監督狙ってるんですね。周りもお膳立ての準備をしているようで。

大東さんの発案だと思っていたけど、
もしかすると、協会もちょっとは絡んでいるかもしれませんね。
誰をどう育てるのか?話しは久光にとどまらず、
竹下の後継者作りへと繋がっていくのかもしれない。
[PR]
by acaciawalk | 2011-09-01 15:34 | volley