あかしあのみち

acaciawalk.exblog.jp
ブログトップ

「2011/12V・プレミアリーグ優勝争い展望(女子編)」by V公式

http://www.vleague.or.jp/

ただ単に昨年の順位を基に、羅列していっただけの優勝争い展望。
本当に、JTと東レが頭一つ抜け出しているのか??
こんなんタダで掲載してよい情報、わざわざ会員コンテンツにしているんだから、
もうちょっと掘り下げて展望書いて欲しいです。

あと、マスコミが「リサナナ」言うのはわかるけど、
Vリーグオフィシャルが「リサナナ」って。。。
今後、いろいろと利用されて酷使されんようにして欲しい・・・

個人的な展望は、今後どこかの時点で書いてみたい。

とりあえず、久光部分を抜粋してみます。
===============================================
●追いかける久光製薬、NEC

昨シーズンの実績をもとに、頭一つ抜け出している感のある
JTと東レの2チームを追いかけるチームとしては、
久光製薬スプリングス、NECレッドロケッツの2チームの名前がまず上げられる。

昨シーズン、チームの若返りを図りながら3位と健闘した久光製薬スプリングスは、
シーズンの終了とともに長くチームを背負ってきた原桂子、先野久美子の
2ベテラン選手がチームを去った。

2年越しで若返りを進めた結果、チームは石田瑞穂、座安琴希、岩坂名奈、
新鍋理沙、石井優希ら21~23歳の若手が中心にすっかり生まれ変わった。
この若手選手、特に、代表初選出の岩坂と新鍋の「リサナナ」21歳コンビや
石田、座安らは、実力・人気ともワールドカップなどで成長目覚ましく、
2011/12Vリーグでは、チームの主力として活躍することが期待される。

また、2006/07Vリーグ優勝の立役者の一人のフォフィーニャが4年ぶりに戻ってきた。
パワーだけでなく攻守に安定した戦力として期待できるフォフィーニャの復帰は大きい。
20歳コンビの石井優希、長岡望悠にもチャンスがありそうだ。

平井香菜子や水田祐未らミドルブロッカーら多彩な顔触れを操る
セッターの役割が大きく、招聘した中田久美コーチが
PFUから移籍3年目の古藤千鶴やルーキー南美寿希を
どうレベルアップできるかも興味深い。

(以下略)


●注目の選手たち

・・・・

このほか、ワールドカップで活躍した姿が目に焼き付いている
「リサナナ」の新鍋理沙、岩坂名奈(ともに久光製薬)、
荒木絵里香(東レ)、山口舞(岡山)、らが、
リーグでどう暴れまわるのかも今から楽しみである。

(以下略)
===============================================

[PR]
by acaciawalk | 2011-12-06 15:20 | volley