あかしあのみち

acaciawalk.exblog.jp
ブログトップ

決定 ロンドン五輪女子日本代表12名

※背番号は未定

竹下佳江 S
中道瞳 S

大友愛 MB
井上香織 MB
荒木絵里香 MB

山口舞 WS
木村沙織 WS
迫田さおり WS
狩野舞子 WS
江畑幸子 WS
新鍋理沙 WS

佐野優子 L

(リザーブ)
石田瑞穂 WS

----------------------
さて、決まりました。

悪魔と天使、どちらからいきましょう。
後味良いように、まずは悪魔からいきますか(笑)

え~、では。。。

おいおい、眞鍋氏、なんで、平井を落とすんかな~。
OQTでセルビアから2セット取れてなかったら、
オリンピックどころじゃなかったんだぞ~。
誰があなたの首をつなげたと思っているんだって話だよ。
井上や大友より悪いところ、データで出して具体的に説明してくれ!!
1ヶ月後なんて知らんがな。選考時に良い選手を選ばないから、
マラソンでも柔道でも、疑惑の選手選考が起こるんじゃいっ。
選んだからには、復調しなくても泣き言いうなよ、
もし負けても、けが人や選手のせいに絶対するんじゃないからな!

それから、石田のリザーブってなんやねん。
WGPで、迫田とリベロと一緒にレセプションなんて、
高田がVリーグでやっとやるかやらないかというような布陣をさせといて、
そりゃないわ。ってか、リザーブ入れるなら、MBだろ!

はいっ。以上、悪魔の声でした。


続いて、天使さんどうぞ。

まぁ、眞鍋JAPANといえば、なんたって世界バレー3位ですからね。
そのメンバーで行きたかったんだろうと理解しました。
大友・井上が戻ってくれば、世界バレーに近いバレーはできるのかもしれまんしね。
夢をもう一度って感じで。
あれからの上積みというと、江畑がエースらしくなってきたこと、
迫田もだいぶ上手くなってきたこと、
後衛のレシーバーとして井野がいたけど、
前衛でも使える新鍋という戦力が入ったこと、
栗原に比べて守備が安定する狩野が入ったこと、
全体的に世界と戦う経験値が上がったこと、、、とかでしょうか。
(※木村は世界バレー時点で確変起こしていたので、上積みには敢えて入れません。)
決まった以上、この12名+1名で目標のメダルが取れると良いですね。



それにしても。世界バレー3位メンバーという壁。
久光ファンとしては、ものすごく大きな壁だったなと感じています。
でも、みんなよくがんばったなぁと。

石田は結局2年前と全く同じ、13人目というポジションですが、
その間、レシーブ力も上がったし、BAは一番速いとまで言われるようにはなった。
ただ、打ち屋としては江畑・迫田にちょっと劣ってしまったのかもしれないけど、
総合力では負けてないと思います。だからこそのリザーブ。
胸張って、モチベーション高く、役目を全うして欲しいと思います。
また、実はこの複雑な役目を全うできる選手って凄く少ない。
石田だから選ばれたんだろうなとも思います。がんばって欲しい。

岩坂は、サーブがイップスに近い症状とのことで、
これでは大事な場面では使えないという判断だったのかなと。
前衛の動作の遅さとかは、データなどを駆使すればある程度はカバーできても、
サーブの不調はカバーしきれない。
せっかくの逸材なのにもったいなかったなと。
もともとは、Vで疲労骨折してしまって、
試合経験を積めなかったのも痛かったですね。
でも、転がり込んだチャンスをモノにしたWCでの活躍は自信にして欲しいし、
何より、まだ若く、これからリオに向けて
センターエースになってもらわないといけない存在。
久光でみっちり鍛えたらよいと思います。
ロンドン終わったら、流石に159cmセッターではなくなると思います
(というか願います)。
クイックを腕を縮めて窮屈そうに打っているのを見て、
これじゃ岩坂は活躍できないって思ってました。
170cm超のセッターとあわせて、高さを活かしたクイックを身につけて欲しい。
ブロードはそんなにできなくてもいいと思う。
ただ、全日本の監督が誰になろうとも、スピードバレーを掲げてくるだろうから、
それには対応できるようになってほしい。がんばれ、ナナ。

平井は、突然降って沸いたような代表入りだったけど、
OQTでの出場権獲得に大いに貢献したと思います。
久光でのプレーも本当に堅実で、なくてはならない選手。
中田も評価しているようなので、来期も間違いなくスタメンでしょう。
でも、どうしても地味にみられがち。
そんな平井が、あれだけ感情を顕にしてプレーしている姿をみて、
選ばれて本当に良かったと思いました。
できれば、もちろん本戦に行って欲しかったけど、
あの苦しいOQTをスタメンで戦ったことの方が、
もしかしたらものすごい財産なのかもしれないと思います。
28歳、荒木と同期。もし、身体が悲鳴をあげることがなければ、
4年後を目指して欲しい。
そういう意識が今回の代表入りで芽生えたとしたら、
それだけで素晴らしいと思います。
そして、来期Vリーグ、一つ目指して欲しいことがあります。
それは、タイトル奪取。ブロックでも決定率でもいい。
地味といわれているアンさん。何か一つタイトルに絡んで欲しいです。
(もちろん、その先はチームの優勝ですが。)

座安は次世代のリベロ。これは間違いないです。
佐野という牙城は崩せなかったけど、
濱口と井野という壁はたった半年で超えてみせてくれた。
WGPではモントルー以来の海外勢相手のリベロ。
明らかに経験不足を感じました。
レシーバー枠ではライバルになる新鍋もいて、
12名漏れはうすうす感じていた部分はあったとは思う。
でも、声を張り上げ応援、率先して地味な仕事も引き受け、
本当に縁の下の力持ちだったと思います。
ロンドン後の佐野の進退はわかりませんが、
今度こそスタメンを取って欲しい。
Vでは苦手と言われたサーブレシーブ成功率でトップになったし、
着実に力をつけていると思います。あとはリベロとしての経験。
佐野とは違う全日本リベロ像、早くて今年9月には見れる??期待してます。

最後に新鍋。
高くて分厚い世界バレー3位メンバーの壁。
唯一突破したのが、新鍋でした(狩野は2009年から代表入りしているので)。
「オリンピックは観た事ないです」と平然と言ってのけた新鍋が選ばれるって、
オリンピックに行きたくて行きたくて仕方ない人からみたら、
また過去2回出ている竹下らからみたら、「はぁ?」って感じだと思うけど(笑)、
まぁ、それも実力、そして努力。持ってる人だと思います、新鍋は。
眞鍋さん好みのプレースタイルということもあったけど、
全日本がサーブレシーブのできるWSを探していた高卒2年目のVで
サーブレシーブ部門1位(リベロ除く)になったのが大きかったですね。
そして、要所要所の大事な試合で、結果を出してきたのも大きい。
データバレーといいながら、ベテラン重視の温情派、
若手に厳しい眞鍋氏が唯一選んで入れたわけだから、自信をもって、
五輪では、ミスを恐れず思い切り暴れて欲しいと思います、
一緒に行けなかった同僚の分も。
そして、WCでの忘れ物、中国戦での勝利を必ず取ってきて欲しいです。
(当たるかはわかりませんが。)

ロンドンオリンピックでの結果はどうなるかはわかりませんが、
ここまでの戦い、久光には良い影響を与えると思います。
そして、ここからの成長。代表に唯一選ばれた新鍋、
リザーブという複雑な立場ながら五輪を経験することになる石田、
そして、外れてしまった、平井、岩坂、座安。

みんないろんな思いを抱えてチームに帰ってくることになると思うけど、
必ずこの思いをプラスにして欲しいです。来期こそ優勝。
この5人が立役者になることを祈っているし、信じています。


って、改めて全日本より久光なのでした・・・
[PR]
by acaciawalk | 2012-06-25 23:35 | volley