あかしあのみち

acaciawalk.exblog.jp
ブログトップ

2012-13V 1LEG  久光製薬 vs パイオニア

■久光製薬 3 - 2 パイオニア
 (22-25,25-18, 25-15, 21-25, 15-11)

[試合結果 A B ライブスコア]

昨日に引き続き参戦!

お嬢さんの飽きっぽさを考えるとよく付き合ってくれたと思いますが、
昨日、試合後にサインを書いてもらえそうな
Vリーグ公式の黄色いゴムボールが売っていたのを見つけたのが良かった。

「今日は試合終わったら、ボールにサインをもらいたい」

このモチベーションが非常に大きく、つきあってくれました。
もともと昨日は、ユキのTシャツが欲しいと意気込んで行ったんですけど、
売ってなくて意気消沈・・
ほぼ試合は観ず、「たのしい幼稚園」で遊んでましたから。
でも、この試合は、「たのしい幼稚園」を出すことなく、
早く試合終われ!状態ではありましたが、一緒に応援してくれました。

というわけで、今日のスタメンは開幕と一緒。
新鍋、外れた!(涙)

長岡   岩坂 石井
パウリノ 平井 古藤 座安


第一セット:
 序盤は一進一退。平井が前週より調子が良さげ。
 やはり、前週はあまりに久しぶりの試合だったからかな。
 あとは、昨日の水田の活躍が刺激になったんだろうな。
 ここ3年ほどで、久光で控えに回ることはなかったからねぇ。
 岩坂も古藤とのコンビが合ってきてる。
 ミドルは調子良いが、今日はサイドが不調。
 特にここまでずっと引っ張ってきていた長岡が、
 昨日ほどの調子の良さはありませんでした(といっても、結構決めてたけど。)
 でも、長岡にレシーバー入れてしまうと、さらなる手詰まり感が。
 長岡のバックアタックがない状態で、
 岩坂と石井、石井と平井、平井とエリの前衛で凌げるほど、
 今日は石井もエリもよくありませんでしたし。
 20-20の状態で、長岡→筒井の交代をしたけど、
 ここからあっさり逃げられて25-22。
 前日の会見で長岡の打数を抑えるためにも
 レシーバーを入れるという話をしてたけど、
 だったら、石田がいいんじゃないかなぁ~。バックアタックもあるし。
 打数抑えたいと思った采配の結果、セット取られてしまうなら、
 意味ないなぁと思った第一セットでした。

第二セット:
 サーブを三橋に集め崩し、序盤は久光ペース。
 攻撃の頼りは今日はミドル。
 実際、平井はもちろんですが、
 岩坂にかなりの成長を感じました。
 まず、スタンディングで打てるようになった!
 体制整ってないと、強打できなかったのに、しっかり打ちに行ってました。
 タブン、逃げのフェイントとかしたら、怒られるでしょうしね(^^)
 それからエンドラインギリギリに決まった速攻があったんですが、
 あれをもっとやっていったら、相手は相当嫌がると思うなぁ。
 高いところから、打ち下ろすのではなく、長くコースを狙う。
 とにかく、この試合は打数も多かったし、よく決まっていました。

第三セット:
 パイオニアは三橋に代えて今野。
 このセットは序盤より久光の守備・攻撃がさえましたね。
 余裕が多少出たところで、本日今一つの長岡に代えて新鍋投入!
 後衛からでしたけど、打数を抑えるためにも
 「これは前衛までくるかな」と思っていたら、やはり。
 珍しくバックアタックも決めて、このセットはあっさり取ります。
 そうそう、上手くいく時はこのぐらいの差はあるわよねぇ・・・

第四セット:
 さぁ、3連続フルセット負けを喫しているパイオニアのためにも(?)、
 ここは、3-1で勝って終わりにしたい第4セット。
 このセットはミドルがさらに絶好調。
 特にアンさんは、タブン、おそらく、ここ数年で一番の打数と決定率。
 ものすごかったです。
 が、サイドがブレーキでしたねぇ。
 ライトは長岡でしか練習してないのかな?
 古藤と新鍋のライト攻撃はあまりはまってませんでしたね。
 まぁ、その前に単純なサーブミスを連続でしたり、
 簡単なチャンスボールをオーバーさせたり、
 新鍋自身の調子もイマイチでしたけど。
 石井もミスが増えてきて、後衛で今シーズン初登場の筒井(視)と交代。
 なんなら、そのまま前衛でもいいぞ!って思ったぐらいでしたが、
 ここは経験させたかったんでしょうね。
 後にフジのPのツイートで、
 「石井もエリも波があったが、例え負けてもこの試合を最後までやらせたかった」
 的なことを監督は言っていたというので(てか、そういう会見内容、HPにアップしてよ!)、
 勝つことが全てといいながら、最後(決勝)にいかに勝つかを考えているんだろうと、
 性善説で受け止めるようにしておりますけども。
 
 しかし、こういう展開、20点以降の攻防で、
 新鍋・石井が前衛にいながら点が取れずにセットを取られるというのは、
 厳しい、と同時に、寂しい・・・
 個人的には期待の2人なだけに、次回はこういう展開をものにできるところ見たいなぁ。

第五セット:
 さて、運命の第五セットですが。昨日に引き続き想定外。
 しかし、なぜか負ける気はしない。
 なんでしょうね、この安心感は。昨年にはありませんでした。
 ポイントは、8点目の岩坂のブロックでしょうかね。
 あとは、第五セット気合を入れなおしたか、サイドもそれなりに決めました。
 (マッチポイントでのエリのスパイクアウトはいただけないけども・・・
  あれを見せられてしまうと、今後使うのが勇気要る。)
 しかし、最後は平井アン祭り。
 エリとのお見合いで、中田監督の檄が飛んだらしいですが、
 まぁ、それも帳消しにするぐらいの大活躍でした!

インタビューはユキ。内容的にはアンさんがいいなぁと思ったけど、
まぁ、絶賛売出し中ですからね!


------------------
試合後、お嬢さんお待ちかねの出待ちタイム。
買ったボールに、「ミユとユキにサインをもらう!」と意気込むお嬢さん。
あれ、昨年までナナだったよね(笑)?先物買いの5歳児です。

残念ながらミユは、何かのインタビューを受けていて、
サインをする余裕はなかったけど、
リカちゃん、ユキ、アンさん、ナナ、コトキにサインをもらうことができ、
超大満足なお嬢さん。もう、その嬉しそうなこと。
一つ一つ名前を確かめておりました。
いやぁ、自慢じゃないけど、
日本で一番久光メンバの名前を知ってる5歳児かもしれないですよ~。

また、私自身は、昨年買った座安のTシャツに本人からサインを頂き、
ミホさんには、ハルちゃん通信にサインを頂きました。
ミホさん、大きく書いてくれていいのに、自分のところにこっそりと。
とても控えめなサインでした。
 
舞子はサインはせず、ハイタッチ。
リサには積極的に声掛けしてたけど(お嬢さんがね)、
突如人数倍増したガードマンの影響もあり、残念ながらもらえず。
でも、これが逆に良かったようで。
「次はこの空いているところに、ミユとリサに書いてもらうんだぁ」と
楽しみを残すことができたよう。
これでまた、観戦に付き合ってもらえるかな(笑)

最後帰る時、監督がいて、サイン&写真、どちらもいけそうな状況だったので、
ボールにサインをもらおうと提案したんだけど、、、お嬢さん、拒否!
「知らない人にはもらえない!」
そりゃそうですね・・・(苦笑)
ある意味、こっちの方が凄い人なんだけどねぇ、私の年代でいえば(^^;;
まぁ、現役プレーヤーあってこその監督です!
[PR]
by acaciawalk | 2012-11-25 23:59 | volley