あかしあのみち

acaciawalk.exblog.jp
ブログトップ

平成24年度天皇杯・皇后杯 優勝おめでとう!

http://www.springs.jp/result/2012/24tennouhai/

●12月15日:2回戦
 久光製薬 3 - 0 福岡大学
 (25-16,25-17, 25-21)

[スタメン]
 長岡   水田 石井
 パウリノ 平井 古藤 L)座安
[ベンチ入り]
 新鍋・岩坂・狩野・南・村田・石田・L)筒井


●12月16日:準々決勝
 久光製薬 3 - 1 トヨタ車体
 (25-18,25-20, 19-25, 25-20)

[スタメン]
 長岡   水田 石井
 パウリノ 平井 古藤 L)座安
[ベンチ入り]
 新鍋・岩坂・狩野・南・石田・筒井


●12月23日:準決勝
 久光製薬 3 - 1 パイオニア
 (25-20,23-25, 25-19, 25-14)

[スタメン]
 長岡 岩坂 新鍋
 石井 平井 古藤 L)座安
[ベンチ入り]
 水田・野本・狩野・南・村田・石田・L)筒井


●12月24日:決勝
 久光製薬 3 - 1 東レ
 (17-25,25-23, 25-22, 25-19)

[スタメン]
 長岡 岩坂 石井
 新鍋 平井 古藤 L)座安
[ベンチ入り]
 水田・野本・狩野・南・村田・石田・L)筒井


(※)決勝以外のローテーションは予想です。
-----------------------

決勝をBS観戦。いやぁ~良かったねぇ~。
何度も何度も観てしまって、お嬢さんには、
「金メダル取ると、何度も観たくなっちゃうんだねぇ~」
といわれております(^^)

第一セットをとられた時はどうなることかとちょっと思ったけど、
あそこから気持ちを切り替えられたことに、
久光の成長をすごく感じました。

古藤のインタビューにあったけど、
「勝負どころで、確実に点が取れた。」
これが本当に大きかったと。

第1セットは、古藤が長岡に集めて、その長岡が決めきれず、
ずるずる失点を重ねて行ってしまったけど、
第2セット以降は、ミドルの打数も増やし、
基本的にはリードしながらの展開。
それでも課題の16点以降に追いつかれ、追い越されということもあったけど、
2点差以上にはならなかった。

このポイントを取らないとヤバイという場面で
よくアタッカーが切ってくれたと思います、特に新鍋。
第2セット以降は、相手のブロック、レシーブ体系を良く見て、
ここぞという時に決めてたと思います。
あまり目立たなかったけどね。
(てか、それ以上に目立ってしまったサーブミス。
 あれだけサーブミスしたのが、負けにつながらなくて良かった・・・)

石田の投入ももちろん良かったですね。
第2セットは長岡も復活しつつあったけど、
明らかに研究されていたのを感じたし、
第3セットは再び決まらなくなっていましたから。
石井に代えてではなく、長岡に代えてというのが、
ポイントになりましたねぇ。
まぁ、もともとOPやってた選手ですし、
2回戦、準々決勝では、2枚替でOPで出たようですから、慣れたもんです!
石田本人はもちろん、スタメンを狙っているんでしょうが、
チームとしては、石田がサブにいてくれる今の状況は
本当に心強いですね。
後から出て行く心構えが他とは違うように思いますし!
(よく腐らず”For The Team”をしてくれていると思う。人間力が凄い。)

第4セット、新鍋がブロックされて18-19と逆転されてから、
7連続得点であっという間に優勝してしまいました。
古藤のサーブの次が新鍋だったので、
「新鍋にピンサ出すかな?」なんて考えていたら、あれよあれよで優勝。
まるで、サーブは打ちたくないといわんばかりに、
新鍋が怒涛の得点を決めてました(笑)

中田監督の言葉ではないですが、
これが自信になってくれればと本当に思います。
若手もですが、特に、古藤にかなりのプレッシャーが懸かっていたのを再認識。
ぜひ、これで少しは余裕もってほしいですね。
第1セットのようなトス回しはくれぐれもしないように(笑)

----------

そういえば、、、「全員が戦力」というように、
第1週と第2週ではメンバ変えてきましたね。

水田はブロックが弱いのが使いづらいのかなぁ。
3番手からなかなか抜けられないですね・・・
平井の安定感はさすがだし、岩坂もパワーついてきましたしね。

パウリノは、第2週、ベンチ入りさえもなく。
でも、笑顔で応援してくれてました。どうやって説得したんでしょうね。
「若手に自信をつけさせたいから、ベンチ外にさせて」とでも言ったのでしょうか。

その代わり、野本が久しぶりにベンチ登録されましたが、
プレーできるようになったのかな?
野本が本格的に戻ってくるようになると、本当に外人は要らないですが(苦笑)

筒井(視)が宮崎入りしていなかったようで(風邪とかノロとかでしょうか?)、
代わりに村田がサイドで登録。
決勝では、第2セットで長岡に代わり守備固めで登場。
ディグで存在感出してましたねぇ。

第1週は、南や狩野が2枚替で登場した模様。
16点以降の点の取り方が課題と言っていたので、
これからは2枚替も使うのかな?と思ったけど、
第2週では使わなかったようで。なかなか慎重ですね。


さぁ、優勝したのもつかの間、来年早々リーグが再開されます。
岡山戦の敗戦をどう活かして、優勝に向かっていくのか・・・?
まだ岡山戦敗戦を見られないというチキンハートではありますが、
優勝への過程、栄光への架け橋!(笑)楽しみたいと思います!!?

最後に中田久美監督の記事をコピペ。
「自ら考えるバレー」か。
確かに、決めた後円陣組みながら、いろいろメンバ内で確認していたのが印象的でした。
http://sportsnavi.yahoo.co.jp/other/volley/text/201212250004-spnavi.html
[PR]
by acaciawalk | 2012-12-29 10:19 | volley