あかしあのみち

acaciawalk.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Vプレミアリーグ女子 開幕

さて、土曜日より始まりました。
GAORAにてシーガルズ戦を観戦。

色々思いましたけど、やっぱりつるじさんとサキがバレーしてくれてる姿は、
「あぁ、久光だなぁ。やっぱり好きだなぁ。」とは思いました。

シーガルズを比較的苦手としている久光としては、
もしかして開幕2連敗もあるのでは!?と思っていましたが、
それは取り越し苦労でした。
シーガルズのいつものいやらしさが無かったですね。
かなりあっさりと勝ってしまい拍子抜け。
途中、中学生セッターとか出てきた時には、、、、って感じ。
ジャンプトスもどきもできないようでは、プレミアはまだ早すぎなのでは?>河本氏

久光は、相手が弱すぎたということもあって、
順調には見えたけど、センターの空気化が心配。
サキもだいぶ衰えたよねぇ・・・う~ん。
全盛期の何を打っても決まる状態を知っているだけに寂しいですわ。
対角の平井もブロックはそこそこなのかもしれないけど、
とにかく物足りない。全盛期の関井を知っているだけに寂しいことこの上ない。

まぁ、でも外人さんが使えそうなので、
(持久力に問題はありそうですが)4強には絡みそうです。
そして、何より選手層の厚さはピカイチなので、
そのあたりを駆使して、なんとか勝っていっていただければと。

そして、次の日は、早速の天王山?JT戦です。
時間の都合上、まだ全部は見てないんですが、
点数見る限り、あまり競らずに負けちゃったみたいですねぇ。
チラッと見た時は、シーガルズ戦以上にセンターが空気化。
あぁ、これだから、石田ではなく、石川が欲しかった!と。
昔の久光は5人全員が”満遍なく打つ”というのが、
特徴だったときもありましたけど、今は完璧サイド偏重。
つるじさんはセンター使うの上手いと思っていたんだけど、
ケニアがいたとき、つるじさんも結局はケニアケニアなんだなぁという印象あってねぇ。
たぶん、外人さん入れない方がいいバレーするんだと思いますよ、久光は。
勝てないかもだけど。

それにしても、サキの衰えようが・・・
カナは今年が最後ですが、サキはどうするのかなぁ?
私自身、ファンではありますけど、これ以上フォローできないかも。
(って、誰も私のフォローが欲しいわけではないが。)

今リーグ、久光を応援したいんですけど、
でも、ムックがいなくなったことを容認するような成績になってしまうのはちょっとあれだし、
かといって、久光勝たないと、サキやつるじさんが花道飾れないし、
それでなくても、JTが勝って山本(大友)が”やっぱりテンさんはすごい!”
とか言っちゃいそうなのが、一番嫌なので、
あぁ、間とって、東レの3連覇が平和ですかね?
いや、それもどうかってことですよね、久光ファン・・・あぁ、どうしたらいいっすか??
[PR]
by acaciawalk | 2009-11-29 23:07 | volley

「任侠ヘルパー」第七話~最終話

とっても遅れましたけど、「任侠ヘルパー」。
最終回まで見終わってます。簡単に感想を。

【第七話】
見る前から、評判高いことは知ってました、この回。
非婚アラフォーの単身介護の話。
確かにとても心に響く良い回でしたね、西田尚美嬢、さすが。
若干「アカシアの道」に似てますね・・若干ですけど。
それにしても、「いつまでいい生徒を演じるんだ?」って、
彦一って人を見抜く力、半端ない。


【第八話】
ゴリさん改め夏美パパ改め鷲津組組長が入居。
どうやら、彦一達の正体を知っている鷲津組の若いもんが
事件を起こさせようとしているよう。
が、その話は次回で、今回の話のメインは、
入居者とその家族の関係について。
ん~、ますます難しく、でも、私にとっても
すぐ目の前に迫ってきそうなテーマ。おめぇ。


【第九話】
さて、やっと極道物になってきました、「任侠ヘルパー」
四方木連合を襲撃して吹っ掛けて来た鷲津組に
乗り込んじゃったりこちゃんと三樹矢くん。
一番ダメそうな2人が突っ込んじゃいましたね。
助けようとした彦一らだけど、結局は、零次が助け舟。
組長通しで”手打ち”したとのことで、一件落着?
その一方で、晶さんは辞任に追い込まれ。
いやぁでも、その挨拶がすばらしいなって思っちゃいました。
夏川さんだからとか、そういうの関係なく、いや、関係あるかもだけど、
羽鳥晶の魅力に、かなりやられちゃいました。ステキだわ、社長。
そして、問題の遊園地のシーン。
撮影時、子ども店長はだいぶナイーブだったようですね・・・
でも、あんな一瞬で、世界で一番大切な存在を忘れてしまうなんて。
母も辛いが、子どももそりゃ辛いわなぁ・・・


【第十話】
遊園地から帰ってきた晶さんは、自殺を試みてしまう。
でも、そこは人を見抜く力が半端ない、彦一。
一命をとりとめて、「タイヨウ」に入所することに。
夏川さん、かなり取乱す演技をしていたこの回についての
インタビューが面白かった。

『晶が認知症になるということは、最初から聞かされていましたので、
ああいったお芝居をするうえで自分自身の能力に不安はあっても、
それ以外の部分で不安を感じることはありませんでした。』

”自分自身の能力に不安はあっても・・・”って、ここにきて出たな夏川節。
まだまだそういう感じでいてくれてありがとう。

さて、「タイヨウ」は、ヤクザを雇っていたということで、
色々と追い詰められる。
晴菜あたりは、態度を変えないかとも思ったんだけど、
やっぱ、そうはいかないか。それが普通だよね。
そして、子ども店長のパパとはびっくりの陣内さん。
夏川さんとは初共演?
ここにきて、一気に色々動きだした感じ。


【最終話】
かなり好きです。途中、大きな盛り上がりもなく、
けど、中だるみもなくの状態が続いていたけど、
この最終話で、このドラマは良かったなって結論付け出来ちゃいます。

ポイントは、やはり彦一の変化。
極道に戻ることを怖いと思えるようになったってこと、
たくさんの老人との出会い、母との出会い、
零次という”同じ穴のムジナ”との出会い、
涼太との出会い、そして、何より晶との出会い。
すべてが彦一を自然体の彦一に戻した感じがする。

最後のシーン、とてもステキでした。
晶を見る目が優しいのなんのって。
そして、「ここは全面禁煙よ」と晶が覚醒したのを見た時の彦一の笑顔。
このシーンで全てOK。

もちろん、この先を想像すると辛いことが多そうだけど、
でも、辛いことの方が多いのが人なのかな、って、
「ヘンリー六世」見ても思ったしな。

というわけで、「任侠ヘルパー」かなりよかったっす。
再放送で補完したけど、結局、再放送でも例のニュースがテロップ出ちゃってたし、
DVD出たら購入したいと思います。特典映像に期待。
[PR]
by acaciawalk | 2009-11-17 23:04 | yui

『ヘンリー六世』 in 新国立劇場

『ヘンリー六世』

第三部 薔薇戦争

さて、最終日。
三日目にしてやっと、この世界観がすんなり入ってくるような体調に。
各人のキャラクターも少しずつ際立ってきたところで、
笑うべき(?)ところで少し笑うことができました。
昨日まで、全く”面白い”と思える場面がなかったんだもん。

それにしても、まぁ、なんていうか、
イギリス人の特性なのか、フランス人の特性なのか、
はたまたシェークスピアならではなのかわかりませんけど、
変わり身の早いこと早いこと。
そして、よくもまぁ、あれだけの形容詞が思い浮かぶわと感心しきりですよ。
人の悪口、一つ言うにも、あれだけ種類があるんだなぁと。

ヘンリー六世。気弱で優柔不断とも取れるし、平和主義という言い方も出来る。
この時代のこの地位に生まれてきたのは不憫だったとしか言えません。
ヘンリー六世とマーガレット王妃。ベルバラ好きとしては、
ルイ16世とマリーアントワネットの関係に似てるのかなとちょっと思ったり。
ほんと、3日目にしてやっとです、ヘンリー六世に興味。

今日の芝居の中で、親が子を殺し、子が親を殺し、または、親の敵・子の敵といった話が
たくさん出てきて、色んな人がその悲しみを訴える芝居をしたわけですが、
その中でもなんといってもマーガレット(中嶋朋子)が息子であるエドワード(ソニン)を
亡くした時の芝居がすごかった。
同じように子どもを亡くした父親の芝居を渡辺徹もしてるんですけどねぇ・・・・なんか違う。
”父と子”ではなく、”母と子”という関係が私にそう思わせるのかもしれないけど、
それだけじゃない!と思う。さすが、蛍、恐るべしです。

ソニンさんは・・・今回はヘンリー六世とマーガレットの息子を演じてました。
何歳ぐらいの設定なのかな?美少年という役柄。
顔も童顔でしたし、違和感はなかったかな。
中嶋朋子よりガタイは良いものの、若干背が低かったし。
気質は、ヘンリーには似ておらず、思いっきりマーガレット譲り。
マーガレットが、「(エドワードの強気な発言に)国王にこれだけの気概があれば、、、」
といったのがとても印象的でした。
ほんと、ヘンリー六世がねぇ・・・でも、そうやって時代は前に進んできたんだなと。

さて、総評としては。
ん~、3部作なだけあって、3部まで見ないと全体を楽しめないのが、結構重たい。
歴史を知った上で見ると大分違うと思うので、
次回、もし見る機会があれば、面白いかなとも思う。
そういえば、蜷川幸雄がやるんだよねぇ。↓
http://www.saf.or.jp/arthall/event/event_detail/2010/p0311.html上川さんだし、見比べてみると面白いかも・・・とも思うんだけど、
大竹しのぶと中嶋朋子を比べなくてはいけないというのは、個人的になんか嫌。
[PR]
by acaciawalk | 2009-11-04 23:43 | sonim

『ヘンリー六世』 in 新国立劇場

『ヘンリー六世』

第二部 敗北と混乱

あぁ、ダメだ渡辺徹。
彼の場面で二日続けて陥落。
重要人物なんですけど、声のせいだろうか。
昨日、後ろで観てたおばちゃんらが、「舞台は声よね。」と
話していたんだけど、痛感です。
村井国夫なんて、映像では全く見たいとも思わないんですが、
やはり良い声してらっしゃる。長年舞台で活きてきた声。

マーガレット王妃役の中嶋朋子も流石です。
クセはないがハリがある声。なんだか心地よいんだよね。
もともと蛍ですし、芝居は安心。
”あんなに気の強い女、嫌だわぁ”と、心底思わせてくれました。

ソニンはねぇ、変な祈祷師役で少しだけ。
もともと第二部はあまり出ないの知ってたので、諦めてましたが、
それなりのインパクトはありました。

第一部に比べると動きも少なかったので、
飽きさせないよう?少しギャグをはさみつつ(笑えるかどうかは別だが)。
さて、明日はどんな展開になりますか。

二日見た限りでは、初シェークスピア、どうなんですかねぇ、私。
初めてがこの作品で、良かったのか悪かったのか。
悲劇とか喜劇とかの方がわかりやすかったかもねぇ。

権力や地位に奔走するその価値感を、理解できても同感は出来ない。
人間、少しは進歩してるよね、と思いたい。
[PR]
by acaciawalk | 2009-11-03 22:19 | sonim

『ヘンリー六世』 in 新国立劇場

『ヘンリー六世』

第一部 百年戦争

さてさて、ソニンさん出演「ヘンリー六世」見てきました。
本日より3日連続で第一部~第三部を見に行きます。

今日は、ソニンさんが出演を決めた理由である、
ジャンヌ・ダルクが登場する第一部。

今までソニンの舞台は色々見ましたけど、
まぁ、びっくりするくらいに観客の年齢層が高いこと高いこと。
これが、古典、シェークスピアの威力ということでしょうか。

そんな中、シェークスピア初体験、世界史苦手な私には、
その世界に馴染むのに、かなりの時間を要しました。
何年という単位の話しをたった3時間で表すわけですから、とにかく慌ただしい。
イングランドが勝ったと思った矢先、
あっという間にフランスが勝ち、
と思ったらイングランドが勝ったりして、
誰が味方で誰が敵なのか、何がなんだかの展開。
どうやら、こういう感想で良いみたいですが、「ヘンリー六世」は。

そんな中、ソニン演じるジャンヌ・ダルク。
ジャンヌにスポットが当たる話ではないので、こんなもんかなという感じですが、
最後、処刑されてしまう前に見せ場がありました。
いつもの“感情溢れ出しソニン”を見せてくれました。

ソニン目当てとしては、一番の山場が第一部で終わってしまっているので、
ちょっとテンションあがりきりませんが、
明日以降も楽しみたいと思います。
[PR]
by acaciawalk | 2009-11-02 23:08 | sonim