あかしあのみち

acaciawalk.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

6/28バボチャンネルを見た

全日本女子情報としては、先日地上波でやってた「ワールドカップガイド」を
かなり使いまわし。
栗原については、放送することがいいのか悪いのか、
もうよくわからないって気がするんですが。
とりあえず、そっとしてあげたらどうでしょうか。。。

でも、モントルーのコメントの中で、新鍋について、
素子が「コーチ陣の評価もデータも今回一番素晴らしかったそうです。」的な
スタッフ情報を披露してくれたので、
まぁ、それだけでも有意義、これをおかずにご飯が食べられるっていう感じはしました(笑)
応援FAXの紹介でも、新鍋(と狩野)絡みのものをよく紹介してくれていて、
新鍋にファンが増えているのか、わざとそれをピックアップしてるのかはわからないけど、
その点はうれしかったかなと。

岩坂もサーブばかり(というか、サーブしかないからか。)クローズアップされてましたけど、
素子が「使わなきゃいけない選手。育てなきゃいけない選手。」と力説していたのが、
ほほえましく。まぁ、他のMBファンの方にしてみれば、
「全日本は育成機関じゃねぇ!」っていう感じもするんでしょうが、
岩坂、新鍋あたりは、今まさにアップヒル状態。やればやるだけ伸びていくと思いますので、
是非是非使って欲しいです。

それにしても、フジはやはり舞子押しなんだな、と。
もちろんとても良い選手ですけど、もう少し平等に扱って欲しいかと。
決勝のキューバ戦は、確か舞子は2点しか取ってないんですが、
そのうちの1点を、あたかもよく決まった攻撃かの如く、
何度もリフレインしているのは、流石だなと。
各ポジションのサバイバル状態を紹介する際にも、
「サイドは、木村と狩野を軸にするとして・・・」的な発言・・・
一言も触れもされなかった、石田、石井を思うと(涙)。

個人的には、各選手の紹介もいいけど、
中国に勝った勝因分析や、今合宿でテーマとなってる練習内容とか、
今回少しだけ紹介してくれたような内容を
もっともっと紹介して欲しいなって思いました。
せっかくのCSなのに。地上波と同じことやっててもさ。
まぁ、でも、合宿情報の映像見ては、
座安がかなり髪切ったなぁとか、新鍋も髪切ってさらに黒くなってんなぁとかに
目が行っちゃうんだけどさ。
[PR]
by acaciawalk | 2011-06-28 23:55 | volley

WG2011登録メンバー20名

*1 座安 琴希  L 久光製薬
*2 中道 瞳    S 東レ
*3 竹下 佳江  S JT
*4 石川 友紀  MB JT
*5 山本 愛    MB JT
*6 佐野 優子  L イトゥサチ(AZE)
*7 山口 舞    WS 岡山
*8 松浦 麻琴  S NEC
*9 石田 瑞穂  WS 久光製薬
10 岩坂 名奈  MB 久光製薬
11 荒木 絵里香 MB 東レ
12 木村 沙織  WS 東レ
13 新鍋 理沙  WS 久光製薬
14 江畑 幸子  WS 日立
15 狩野 舞子  WS パヴィア(ITA)
16 迫田 さおり  WS 東レ
17 井野 亜季子 L NEC
18 石井 優希  WS 久光製薬
19 濱口 華菜里 L 東レ
20 中大路 絢野 S 鹿屋体育大学

外れたのは、栗原、井上、堀川、宮下。
座安、背番号【1】だ!木村の番号の次は栗原か。
次は本当に自分の番号、取ってほしいな。

さて、ここからサバイバルですね。
WGPの前に、まずは国内合宿を経て、ブラジル・ヨーロッパ遠征。
これに誰を連れて行くかで、まぁ、ほぼほぼ決まってくるかと。

怪我をしている栗原・井上については、
私はあまり計算しないほうがよいかと。
むしろ、戻ってくればラッキーぐらいで。
いないことを前提としたチーム作りをして欲しいと思います。
今年はそれが出来ると思うので。

ということで、この20名をベースにWGPの14名予想(自己中心的に)。

 S:竹下、中道
 MB:荒木、山本、石川、岩坂
 WS:木村、江畑、新鍋、狩野、迫田or石田or石井(3人のうち2人)
 L:佐野、座安

松浦、中大路も残したいんですが、2名に絞る前提で、鉄板かなと。
石川は怪しい位置ではあるんですが、試して欲しいんですよね、個人的に。
石川が落ちるなら、濱口が入るかな。
ラウンドによって代えられるようなので、色々試しつつ。
迫田or石田or石井は、石井が落とされる確率が一番高いのはわかってますが、
まぁ、あえて粘ってみた(笑)
山口はやはり厳しいかと。ライトのスタメン候補が舞子しかいないとなれば、
山口も必要でしょうが、舞子すらスタメンになれるか不明な中、
どうせ控えなら、レフト・ライトどちらも出来る石田や石井(ここでも粘るぞ!)の方が
使い勝手よさそうです、サーブもいいし。
で、山口がいないとなると、同様に井野も厳しい立場かと。

ま、こんな感じです。希望も少し入りつつ。
[PR]
by acaciawalk | 2011-06-21 16:19 | volley

日独友好親善150周年記念 親善試合

■第1戦
 日本 3 - 2 ドイツ
 (26-28, 26-24, 18-25, 25-17, 15-9)
 江畑 岩坂 石井
 石田 山本 中大路 濱口


■第2戦
 日本 2 - 3 ドイツ
 (25-19, 28-30, 22-25, 25-19, 13-15)
 新鍋 荒木 石井
 迫田 山本 松浦 座安


■第3戦
 日本 3 - 0 ドイツ
 (25-22, 25-23, 25-22)
 狩野 岩坂 新鍋
 江畑 山本 中道 濱口


それぞれのポジションについて簡単に。

●WS
第2戦で新鍋OPをまた試してますね。
メンバーだけ見た時は、迫田OPなのかと思っていたのですが。
結局は、狩野レフトも試していないし、
狩野と迫田はそれぞれのポジション専門なのかな?
諸々踏まえると、サイドのスタメン争いは、現時点では、
木村、江畑、新鍋の組合せが一番可能性高そうな気がします。
ポジションをどうするかは、まだわからないけど、
新鍋にレセプションのメインをさせて、木村の負担を減らしたいのなら、
ライトよりレフトかなぁと思いますが、さていかに。

あと、第1、2戦と石井を使ってくれました。
しかも表エース。まだ期待されているようで良かった。
モントルーだけを見ると確かに厳しい結果ですが、
まだ遠征あるから、粘ってほしいなって思ってます。

●MB
実は荒木より岩坂の評価の方が高いのではないか?とさえ思えてきた(笑)
まぁ、冗談ですが。
でも、ほんと、サーブはいいから、ブロックだけでももうちょっとがんばれば、
スタメンいけるのではないかと思いますよ、岩坂。
荒木だって、井上だって、良いところもあれば悪いところもある。
山本にはまだまだ追いつかないなぁとは思うけど、
荒木・井上には、良い勝負できるところまでいけると思うよ。
あと数ヶ月。がんばれ、ナナ。

●S
3試合あったので、仲良く先発を3人で分け合いましたね。
でも、中道なんだろうなぁ、評価的には。
ディグとか考えると竹下の控えという意味では優位なのかな。
ベテラン風だけど、実は松浦とは歳そんなに変わらないし。
中大路、結局オランダ戦の最初しかプレーを見れていないんだけど、
ドイツ戦では、1試合任されて勝ったところ見ると、
やはり将来は有望なんだろうなと。
石井と仲よさそうにしていたので、南選手の成長具合にもよるけど、
大学卒業したら、是非久光に(笑)

●L
第1戦では、座安をレシーバーで使ったみたいですね。
第1戦は新鍋出てないので、レシーバー使う機会もあるかと思うけど、
基本、木村・江畑・新鍋のサイドだと、レシーバー使う所ないと思う。
第2戦の戦評では、サーブレシーブをかなり崩されたみたいなんだけど、
久光トリオのどこで崩れたのか?かなり興味があります(笑)
今月の月バレ読むと、眞鍋さんは座安をかなり評価していて、
佐野を代える気もなくはないようなので、がんばって欲しい。
[PR]
by acaciawalk | 2011-06-20 22:25 | volley

「奇跡」

夏川さん出演、まえだまえだ主演、是枝映画。

面白かったです。
夏川さんが出ている関係で是枝監督の作品は何本か見ていますが、
一番良かった。後味もとても良いし、安心してみてられました。

是枝さんの台本渡さないやり方、大人がやるより、
子供がやった方が自然でいいですね。
特に、弟がもう、”素”そのまんまでして(笑)
是枝作品にうってつけというか。
お兄ちゃんのびっくりするような芝居の才能も良かったですが、
弟のこれまたびっくりするような天然さに癒されました。

パンフレットの是枝さんのインタビューで、
『「誰も知らない」は自分自身が子供目線だった。
 でも、今回は、子供達を見守るおじいちゃん(橋爪功)目線だった』的なこと
書いてあったんですが、私もそんな感じで(笑)。
だから、とても心地よかったのかもしれない。
でも、実際に自分の子供が映画のような秘密の旅に出たとしたら、
黙って見守ってあげられるかどうかは、自信はありませんけど。

夏川さん、だけじゃないけど、周りを固めているキャストがこれまた豪華でしてね。
阿部ちゃんやら原田さんやら、あんな贅沢に使えるなんて、、、って感じです。
夏川さんは、昔女優をやっていて、今は福岡でスナック経営。
女手一つで子供を育てている役。その娘は町でスカウトされて、
女優になりたいと思っている。そんな娘に「そんなに女優は甘くないよ」と
厳しいことを言いながらも見守ろうとする役。なんか、色々リアルでした(笑)

まえだまえだを久しぶりに見て、でっかくなっててびっくり。
子供なんて、すぐ大きくなっちゃうから、
今、この瞬間にしか撮れないそんな作品になっていたように思う。
弟がそのうち声変わりすると思ったらショックですよ、ホント。

是枝さん自身が丸くなっていることを感じる、
そして、私自身もそういう映画を求めている(特に過度な刺激は要らない)。
だんだん合ってきた気がします、是枝さんと私。

ということで、お薦めです!

#A-Studioで、橋爪さんが鹿児島から東京の夏川さんに電話したって
 話がありましたけど、この映画撮影中でのことなんですね、きっと。
 「今から行こうか?」と夏川さんが言ったらしいですが、
 まぁ、同じ映画出てるならありかもしれないなと思いました。
[PR]
by acaciawalk | 2011-06-16 12:27 | yui

優勝の余韻

数少ない記事ですが。新鍋&岩坂、アピール成功。ついでに、ブログ更新もお願い!
===========
バレーボール:モントルー・マスターズ 日本女子優勝 「若手に自信」

◇新鍋、岩坂ら活躍
 12日までスイスで行われたバレーボール女子のモントルー・マスターズで
若手主体の日本が初優勝した。準決勝は中国、決勝はキューバと主力を
そろえた実力国を破った。新戦力の台頭で今季初戦を制した真鍋政義監督は
「若い選手にとって世界のトップクラスとやって優勝したのは自信になる」と喜んだ。

 評価を上げたのが初代表のアタッカー新鍋理沙とセンター岩坂名奈
(ともに久光製薬)の20歳コンビだ。新鍋は、持ち味の守備力と相手ブロックを
利用した巧みな強打で指揮官を「勝負強い。これからも期待できる」とうならせた。
岩坂も187センチの長身を生かしたブロックと、同監督が「世界トップクラス」と評価する
正確なサーブで力を発揮。2年ぶりに代表復帰し「結果にこだわる」と話していた
22歳の狩野舞子(パビア)も堅実なプレーで成長の跡を示した。

 データ重視の緻密なバレーで昨年の世界選手権で3位に入った日本。
若手が伸びれば、さらなる飛躍が望める。来年のロンドン五輪の予選を兼ねて11月に
日本で開催されるワールドカップ(W杯)に向け、真鍋監督は「(若手には)これから
大きく伸びてほしい」と期待を寄せた。【共同】2011.06.15

b0023908_1018881.jpg

===========


ドイツとの親善試合、詳細はまだわからないけど、石井と中大路が先発した模様。
少しは海外の雰囲気になれてきてるだろうから、力を発揮してくれているといいな。
そして、保護者(笑)として山本も先発。
(↑写真の山本の手が石井を優しくフォローしてくれているような気がして、
 一気に山本が好きになりました(笑)。今まで実はちょっと嫌ってました、ごめんなさい。)
そして、江畑がOP??(←これ重要なお試しです)。

早く詳細知りたいなぁ~。
[PR]
by acaciawalk | 2011-06-15 10:21 | volley

モントルーバレーマスターズ2011 決勝 vs キューバ

日本 3 - 0 キューバ
(26-24, 25-18, 25-19)

勝負は第一セットで決まっていた!
見事なストレート勝ちで、日本、初優勝!!

スタメンは、昨日の中国戦と同様

  狩野 岩坂 新鍋
  江畑 荒木 中道 座安


第一セット、昨日の試合を偵察していたキューバ、さすがに江畑をマーク。
なかなか決まらない。レセプションも思うようにはいかず、
他のメンバーも捕まり、最大6点差のビハインド。
嫌な雰囲気だなぁというところで、眞鍋監督、早々に動く。
あれだけ絶好調だった江畑を迫田にチェンジ。
今大会は、特に見切りが早い。
それだけ層が厚いというか、代わりはいるんだぞ!という感じで、
早々に代えられちゃうのは、選手としてはちょっとプレッシャーかも。

この交代が見事あたり、じわじわと点差をつめていく。
そして、今日も岩坂のサーブで1点差。
最後はスルスルッと新鍋のフェイント、強打でこのセットを取る。
相手のセットポイントを1回しのぎ、そのままセットを取っちゃうところは、
強いチームの試合運びだよね。
まだまだ若いチームですが、そういうところがとても落ち着いている。

第二セット以降は先発は江畑ではなく迫田。
江畑ほどの大爆発はなかったものの着実にエースぶりを見せる。
新鍋もリーグ後半の”とにかく上手い”と思わせるプレーを
徐々に出せるようになってきている。
この2人(とキューバのミス)で着々と点数を重ねる。
というか、ほんと、レフトばっかりなんですが、、、
舞子は第三セットまでポイント0だったし、
センター空気だし、ブロックは出ないし。
まぁ、こんな状態でも勝てちゃうんだから、キューバったら・・・
第一セットこそ、ちょっとだけドキドキしたけど、
第二・第三は安心してみてられました。

最後、マッチポイントで、新鍋に代わって石田がピンチサーバーで登場。
本来なら早く決めて欲しいと願うんですが、
優勝の瞬間、新鍋にコートにいて欲しくて、キューバがんばれって思っちゃいました(笑)
願いどおり、キューバが1回しのぎ、新鍋戻った次のプレーでしっかり25点目をゲット。
優勝の瞬間、中国戦ほどの喜び表現はなかったものの、
控え選手も待ってましたとばかりにコートに集まり、
みんなで円陣組んでうれしそうに飛び跳ねておりました。

どこのチームも完全ではない状態、でも、
日本だって、世界バレー銅メダルスタメンメンバー7人は
一人も入っていない状態での初優勝。
かなり評価しちゃっていいのでは?
中でも、新鍋・座安・岩坂の久光初選出組(ご贔屓なのでね)。
それぞれ課題もあるけれど、期待に応えられたのではないでしょうか。
この中に石井が入っていないのだけど、、、まぁ、石井は今からサマー行くか?(爆)
一回、どっかで、エースとして試合を重ねて自信付けた方がいいと思うわ。
それが例えサマーでも、大黒柱として戦った試合を経験した方がいい。
ドイツとの親善試合でそういうチャンスがあればいいのだけれど。。。
石井がもし、サマー出るようなら、長岡と両サイドエースで、タブン優勝できちゃうよ。
そういう自信が何より今は必要な気がする。

最後に、今大会の日本の選手の個人賞と主な成績。

MVP: 中道
ベストスコアラー部門:14位新鍋(56)、15位江畑(54)、19位荒木(47)
ベストスパイカー部門:1位江畑(50.00%)、4位新鍋(41.94%)、
ベストブロッカー部門:6位荒木(0.68)
ベストレシーバー部門:4位新鍋・濱口(54.90%)、21位狩野(34.25%)
ベストディガー部門:8位新鍋(2.74)、13位狩野(2.47)
ベストセッター部門:4位中道、13位松浦
ベストサーバー部門:1位岩坂(0.84)、10位中道(0.26)、
             11位狩野(0.26)、12位荒木(0.26)
ベストリベロ部門:8位濱口、9位座安


新鍋、よくやったし、MVPでも良かったぐらい。
「レセプションを中心としたディフェンスの出来るサイド選手」
眞鍋JAPANが、今年一番求めていた選手像。
まぁ、やる前から新鍋想定しているのはわかっていたけど、
裏付けされたのではないでしょうか。
あとは、木村ら主力と合流したときに、どう使われるのか?
リリーフタイプではないと思うので、是非先発で使って欲しい。
[PR]
by acaciawalk | 2011-06-13 12:12 | volley

モントルーバレーマスターズ2011 準決勝 vs 中国

日本 3 - 0 中国
(25-22,25-19,25-23)

お姉さん方がなかなか勝てない中国にまさかのストレート勝ち!
これで、日本は決勝進出です!!

スタメンは、

  狩野 岩坂 新鍋
  江畑 荒木 中道 座安


今大会、3位以上を目標にしている日本としては、
最も重要とも言える試合。
現時点のベストを組んできました。

セッターは中道かぁ~。。。
先のことも考えて松浦に掛けてみてもらいたかったけど、
そういう評価なんでしょうね・・・
ベストと言う意味では、山本が出るのが本当のベストかもしれないけど、
まぁ、今回は引率者なので(笑)
本来なら、竹下・木村らと共にお留守番でよかった選手だと思うので。

新鍋はレフト、というか、新鍋ライトにした場合、
レフトが石田か石井になるんですが、
狩野のライト>石田・石井のレフトという選択なんだと思う。
このチームでは、新鍋を使うのはもう前提なんだと思うな。

リベロは座安。やっぱり、トスの精度とか、
座安の方が安定感が上だと思うし、
新鍋、狩野とのレシーブ体系を考えると座安の方がやりやすそうですし。

江畑は依然絶好調でしたが、今日は、ディフェンスの勝利。
こんだけブロックが出ないのに、拾えるのって、凄いよね。
座安・新鍋・狩野の安定感ったら。
いやぁ、このチームに木村入れるとすると、どこにいれるわけ?
江畑のとこ?新鍋のとこ?狩野のとこ??
新鍋をライトにまわして新鍋のとこ???
もうよくわからんけど、昨年では考えられない層の厚さ。

サイドの充実度に比べると、センターが、、、って感じが心配ではあるけど、
守備の堅い、ミスの少ない、眞鍋さん好みのチームになりつつありますね。
というのと同時に、中国って、こんなに弱いの?ってのも感想。
外人さんの名前と顔をほとんど覚えられない私からすると、
今の中国がベストなのか、レベル的にどのレベルが出てきているのか?
よくわからないんですが、でも、全体的に、レベル下がってるなと。

これは、WGP、WC共に本当に期待しちゃっていいのかも~。
[PR]
by acaciawalk | 2011-06-12 20:11 | volley

モントルーバレーマスターズ2011 vs キューバ

日本 2 - 3 キューバ
(25-15,25-19,20-25,20-25,10-15)

うぁ~、昨日と反対、2セット取ってからの
大逆転負けです。

スタメンは、

  新鍋 岩坂 石田
  迫田 荒木 中道 濱口


昨日、遠征中に一度は試して欲しいと書きましたが、
いきなり実現!OP新鍋!!
でも、表エースは石田・・・石井にチャンスを~
特に第4セットは、石井でも良かったんじゃないかと。
第5セット、かなりの劣勢時にいきなり出されてましたけど、
そんな使い方よりは、リリーフでもいいから、
セット頭とか、もう少し上手に使ってほしいです。。。

試合の方は、第1セット、第2セットとサーブが走りまくり。
特に岩坂。笑っちゃうぐらいにサーブが決まる。
おかげで、予選終了時点で、ベストサーバー部門1位ですよ、岩坂。

相変わらずの波の激しいキューバは第1セットやる気なし。
第2セットになっても、大して調子をあげてこないので、
これはいけるか?と思っていたらジワリジワリ。
すごいやられた感じはしないんですが、いつの間にやら負けてたな。

新鍋は、日に日に調子を上げているようで。
やっと高さにも慣れてきたのかな?
ブロックアウトを上手に取ってましたよ。
第3セットを取られた後、例のiPadを中道が見せられていて、
それまでいつものレフト偏重気味だったのが、
第4セット、急に新鍋の打数が増えました。
セット取られはしたけど、新鍋自体は、
きっちり期待に応えてましたからね。
この日の一番の収穫ではないでしょうか。

レセプションも、相変わらず安定していて。
弱点があるとすれば、前に落とされるサーブ。
横のゆさぶりと伸びるサーブはまぁ、間違いなく、
リベロ並みかそれ以上ですが、落ちるのは少し苦手かな。
でも、これは濱口も座安もなので。
日本ではあまり体験できないサーブなのかも。

それにしても、新鍋、一番御苦労さんです、この大会。
この日狩野が先発外れたので、サイドで唯一のフル出場者。
岩坂と荒木もフルですけど、バックがないですからね。
その点、新鍋はバックで一番重要な仕事を任されていて、
なおかつ、海外初めて、外国チーム初めて。
そんな中、調子上げてきていて、
参考程度ではあるけど、ベストアタッカー部門6位(38.46%)、
ベストレシーバー部門5位(54.64%)、
ベストディガー部門8位(2.77/Set)
ねぇねぇ、合格点よね?眞鍋さん!?

今日、負けてしまいましたけど、
本大会では、一番負けても痛くない試合ではあって。
いろいろとお試しだったんでしょうが、
明日はそうはいきません。
今大会もっとも良いと思うメンバーで来るはず。
新鍋はレフト?それともライト??

明日も楽しみ、そして寝不足!
[PR]
by acaciawalk | 2011-06-11 23:39 | volley

モントルーバレーマスターズ2011 vs オランダ

日本 3 - 2 オランダ
(20-25,27-29,25-18,25-17,16-14)

2セットダウンからの大逆転勝利。
江畑大活躍!

第一セットのスタメンは、

  狩野 岩坂 新鍋
  石井 荒木 中大路 濱口


石井スタメンは良かったけど、中大路とセットって、もう。
すんげぇ緊張しているセッターとすんげぇ緊張しているレフトでは、
何がなんだか決まらないよ~、って感じでして。
その緊張があっと言う間にコート内に充満。
あっと言う間に代えられてしまいました、2人とも・・・

眞鍋さん、お願い、チャンスをまたちょーだい。
若い二人が負った傷が癒えるのは、試合でしかないから。

ということで、第一セットさっさと、中大路⇒中道、
石井⇒石田にチェンジ。
代わったのが、江畑や迫田じゃないところ見ると、
石田って、かなり評価高いんだなぁという気がする。

そのメンバーチェンジの甲斐も少しはあったと思うけど、
結局波に乗れないまま2セットダウン。
このままストレート負けかという雰囲気の中、
石田に代わって入った江畑が大活躍。
3セットで28点のアタックをたたき出して、
大逆転勝利となりました。
もともと、調子の良いレフトエースがいれば、
そこにトコトンあげてリズムを作るのが、中道。
ミドルの存在感はどんどん薄れ、舞子も新鍋も守備の人となり、
ひたすら江畑で勝負!まぁ、それが功を奏しましたけど。

新鍋は、昨日よりは緊張してなかったかな?
ミスもしてたけど、意図は感じた。
ブロックアウトも何本か取ってたし。
まぁ、でも2段とかは厳しいかな、まだ。
そこまでは余裕がない感じがする。
もっと、スピード活かした攻撃が決まるようになって慣れてくれば、
ある程度2段とかも(ミスにはならない程度には)対応できるとは思うんだけど。
表エースを任せられるぐらいのレセプション能力をもっているのが、
このメンバーだと新鍋だけなので、
決まらなくても使ってもらえているうちに、
もう少しイロイロ掴んで欲しいかな、と。
あと、遠征中、一度はOP新鍋というのも試して欲しい。
このままOPが舞子のみってのは、何かと不安。
(その場合の表エースは・・・難しいですが、石井にチャンスを!)

岩坂は、サーブは良かったねぇ~。
あとの課題はブロックとクイック(っていうかサーブ以外)。

石井はねぇ、ん~。カラ元気でもいいから、声出したりするタイプ、、、
ではないからなぁ。
自分の性格をネガティブだといっていたし、そこがちょっと心配。
全日本でもチームでも、新鍋・石田がいるってのは、
ポジティブに考えれば、凄い成長できると思うんだけど、
ネガティブに考えると、活躍の場を得られず、そのまま内に篭ってしまいそうで・・・
才能・将来性ともに間違いなくあるのだから、自信を持ってもっとアピールして欲しいな。

あと、今日はリベロは座安ではなくて濱口だったんだけど、
久光バレーを見慣れてしまったせいで、チャンスボールをアンダーであげるってのは、
やはりすごく違和感があった。バレーが遅く感じるというか。
当たり前だと思っていたことが、そうではないってこと。
あと、新鍋、今日はレセプションで崩される場面が何度かあったんだけど、
気づくと濱口の前に飛び込んでたりして(笑)
おいおいどっちがリベロですか、という感じが。
でも、この濱口とほぼ2枚キャッチを常日頃からしている木村って、
やっぱすげーなと。そして、座安、いつもありがとう、と。

今日は江畑でなんとか勝ったけど、
明日のキューバ戦はどんなメンバーで行くのかな?
まだ出てないメンバー(迫田)や
少し失敗してしまったメンバー(石井、中大路)にチャンスがあるのか、
(っていうか、迫田は出しましょうよ、いくらなんでも。)
それとも今のベスト(タブン、イタリア戦の石田⇒江畑にする)で臨むのか?
予選1位をかけた試合、楽しみです。
[PR]
by acaciawalk | 2011-06-10 10:41 | volley

モントルーバレーマスターズ2011 vs イタリア

日本 3 - 0 イタリア
(25-17,25-19,25-20)

夜中にこっそり起きだして、ネット観戦。
初陣を飾りました!

スタメンは、

  狩野 岩坂 新鍋
  石田 荒木 松浦 座安


レセプションは、新鍋と座安が中心で、
もう一枚が狩野が主で、たまに石田。

やっぱり、舞子はOPなのかな。
ということは、レシーブは、昨年のシステム継承でしょうかね。
でも、今日みたいに、裏レフトもレセプション参加有り的なことを
考えているとなると、攻撃専門サイドという存在自体が怪しいことに。
まぁ、そもそも攻撃だけしてれば許されるレベルのアタッカーなんて、
日本中どこを探してもいないとも言えるんですが。
そういう意味では、石田は今年、チームでレセプション参加しといて
よかったのかもしれない。
いよいよ前から言ってた全員リベロ化を具現化するってことでしょうか・・ね?

試合内容は、まぁ、相手が弱すぎて(笑)
日本はサーブが良かったんですが、走っているのか、
ただ単に相手が下手なのかが微妙なところ。

期待の新戦力、新鍋ちゃんは、表情からして緊張してる(笑)
ミスの少ない新鍋にしては、スパイクミス、多かったですね。
本人もちょっと悔やんでいるそうです。
バボちゃんネットより。)

でも、レセプションは座安と二人で中心的存在として任されていたようで、
その部分では、それなりに期待には応えられたのでは?
次回は思い切りね、悔いの残らないように。

初戦ですし、緊張してるし、出てないメンバーいるし、相手弱いし、、、
この1試合だけでは何ともいえないけど、とりあえず勝ってよかった!
若手のお試し大会で、勝敗は気にしないとはいえ、
負けるよりは勝った方が気持ちがいいですからね!

さぁ、次はオランダ戦です!!

それにしても、久光だらけだなぁ(嬉)
石井、がんばれぉ~!!!
[PR]
by acaciawalk | 2011-06-09 12:08 | volley