あかしあのみち

acaciawalk.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 17 )   > この月の画像一覧

2011-12 Vプレミア ファイナル結果&個人賞

既にもうかなり前のことのような気がしてしまう。
ショックで更新できなかったわけではなく、単純に年度末。
いや、多少ショックはあるかも。
第二セットをテレビで見る気になれな~い。

ということで、決勝の試合の感想と今期の久光・来期への期待はまた近々。
ファイナルの結果と個人賞の結果を。

【最終順位】
優勝  東レアローズ
準優勝 久光製薬スプリングス
第3位 デンソーエアリービーズ
第4位 岡山シーガルズ
第5位 JTマーヴェラス
第6位 パイオニアレッドウィングス
第7位 トヨタ車体クインシーズ
第8位 NECレッドロケッツ

【個人賞】
○優勝監督賞:菅野幸一郎(東レ)2年ぶり4回目
○最高殊勲選手賞:荒木絵里香(東レ)4年ぶり2回目
○敢闘賞:石田瑞穂(久光製薬)初受賞
○ベスト6賞:デラクルス・ベタニア(デンソー)4年ぶり2回目
       木村沙織(東レ)5年連続5回目
       石田瑞穂 (久光製薬)初受賞
       荒木絵里香(東レ)3年連続6回目
       山口舞(岡山)初受賞
       中道瞳(東レ)3年ぶり3回目
○ベストリベロ賞:座安琴希(久光製薬)初受賞
○最優秀新人賞:森谷史佳(パイオニア)
○得点王:デラクルス・ベタニア(デンソー)初受賞
○スパイク賞:ギブマイヤー・ローレン(トヨタ車体)初受賞
○ブロック賞:荒木絵里香(東レ)4年ぶり2回目
○サーブ賞:張紫音(NEC)初受賞
○サーブレシーブ賞:座安琴希(久光製薬)初受賞
○レシーブ賞:新鍋理沙(久光製薬)初受賞


ほぼ納得ですかねぇ。
先日予想していた↓のと、違うのは、石田と山口ぐらい。
http://acaciawalk.exblog.jp/18010393/

荒木はレギュラーシーズンの出来が凄すぎました。
決勝はいつもどおり、木村の方が目立ったけど(笑)、
オリンピックの年に全日本主将がMVPというのは、良かったですね。
ただ、MVPを2回取ったのが唯一先野だけだったのが、
荒木もとなったのが、ちょっぴり悔しい気もあるけど。

敢闘賞は石田。決勝戦の出来からいうと、
予想していたフォフィも厳しいなぁと思っていたので、順当かなぁ。
ただ、石田も途中交代していたから、
なんなら座安でもとも思ったけど、日本人最高得点というのが効いてますね。
ベスト6と併せ、初受賞おめでとう!

ベスト6、MBは山口。平井かギブマイヤーでもいいかなと思ったけど、
平井は数値的には良いけど、チームを引っ張る中心選手という意味では、
やはり印象が地味なのかなぁと。決勝戦尻すぼみだったしね。
4強入った岡山から1人という意味で、バランスも考慮したのかもしれません。
その他のポジションは、まぁ、疑問なく~。

ベストリベロは座安!おめでとう。これはもうかなり前から確定情報(笑)
今後、久光がよほどヘマしたり、本人が怪我したりしない限り、
しばらくベストリベロを続けることも可能かと思います。
神である佐野ちゃんは、東レ時代に1回、久光時代に3回取ってますので、
座安も目指せ佐野ちゃんです。
それにしても、久光のベストリベロ率高いですよ~。
賞が始まった2001-2002シーズンから、11回中6回は久光が取ってますからね!
ただ、リベロだけでは優勝できないってことでもありますが。

レシーブ賞は新鍋!これまたおめでとう!!
「チームの力で取れた。感謝してます。」なんて、
すごい優等生発言してましたけど、
座安と新鍋のレシーブ力と守備範囲はさすがでした。
数値が出ない賞なので、全日本ご祝儀部分もあるかとは思うけど、
来年以降も取り続けられるよう、努力して欲しいですね。
これで、新鍋は、新人賞⇒レシーブ賞と来ましたので、
来年はぜひ、レシーブ賞にプラスして、ベスト6、MVPを取れるように!
残念ながら、OPでは一生取れる気しないので(爆)、
レフトに戻って取っていただきたいと思いますっ!
(もちろん、賞取るためにレフトに戻って欲しいわけではないです、
 全ては優勝するためです!)
でもほんと、新人賞取ってこれだけ順調に来てるのは、木村以来かも?
怪我なく、順調に、このままVプレミアを代表する選手になってほしい・・・
[PR]
by acaciawalk | 2012-03-28 11:30 | volley

ファイナル個人賞展望

さて、個人賞の予想も。

前回出したときは、↓
http://acaciawalk.exblog.jp/17932021/
凄くざっくり予想をしましたが、
ファイナルの組み合わせが決まったので、今回ははっきり出したいと思います。
といっても2パターンはある(笑)

○最高殊勲選手賞:荒木orフォフィ
○敢闘賞:フォフィor荒木
○ベスト6:荒木、デラクルス、フォフィ、木村or石田、平井、中道
○ベストリベロ:座安
○レシーブ賞:新鍋
○新人賞:森谷

過去見ても、優勝・準優勝チーム以外からのベスト6は、
個人賞を取った選手で目立った選手ぐらい。
あとは、ほぼほぼ優勝・準優勝チームが持っていってます。

ということで、東レ優勝なら荒木、久光優勝ならフォフィ。
ベスト6も東レ優勝なら木村、久光優勝なら石田が入る。
MBは荒木は鉄板で、平井は前回までは迷いがありましたが、
全日本登録されたということで確信(笑)入りますよ。
レシーブ賞は、リベロ以外も取れますので、ここは新鍋に。
新人賞は、やっぱり年齢より年数重要視して欲しいので、森谷。
ファイナルにチャリティでパイオニアが代々木に来るみたいだし!

さて、どのくらい当たるかな?
[PR]
by acaciawalk | 2012-03-22 16:20 | volley

ファイナル展望or希望

久光ファンによる久光ファンのための久光ファン的展望(希望)です!!

とりあえず、過去の4戦を振り返る!

●第1LEG 久光×2-3○東レ
[試合結果 A B ライブスコア]

●第2LEG 久光○3-1×東レ
[試合結果 A B ライブスコア]

●第3LEG 久光×2-3○東レ
[試合結果 A B ライブスコア]

●セミファイナル 久光×1-3○東レ
[試合結果 A B ライブスコア]

          第1LEG 第2LEG 第3LEG セミファイナル
アタック決定率(%)
     久光    36.5  44.0  38.6  38.6
     東レ    39.1  37.7  35.6  38.3
ブロック決定本数(本/SET)
     久光    2.40  1.00  2.20  2.50
     東レ    2.40  1.50  2.00  2.75
サーブ効果率(%)
     久光    14.4  14.3   7.9  11.8
     東レ    15.9   9.0   8.2  14.4
サーブレシーブ成功率(%)
     久光    53.5  69.2  71.7  60.6
     東レ    55.2  56.3  78.0  65.5

第1LEGは、今シーズン唯一、新鍋がレフトで出た試合でしたね、そういえば。
今思うと、なんだったんだろ、あれは。
本来、新鍋はレフトだと思うので、レフト起用が嬉しかったんですが、
この試合以来、やってません。うむ。

比べると、当たり前かもですが、第2LEGの優秀さが光ってますねぇ。
やはり、サーブとサーブレシーブ。

サーブに関しては、岩坂がなぁ。やっぱ効いてます。
水田は攻撃力あるんですが、サーブ力が岩坂と比べると弱いですね。
おそらく、スタメンは水田でしょうが、岩坂のピンチサーバー、期待します。
第2LEGでは、フォフィ⇒石井、セミファイナルでは、
石田⇒石井の交代がありましたが、
石井の調子自体もあるけど、サーブのことを考えると、
フォフィ⇒石井の方が功を奏しそうですね。

サーブレシーブに関しては、石田・フォフィがどこまで耐えられるか。
第3LEGのサーブレシーブは85%を超えていて見事だった石田。
そこまでがんばれとはいえないけど、70%程度を目指して欲しい。
必ず、狙ってきますから。

攻撃力はほぼ一緒。第2LEGは石井が大爆発しましたけど、
あとは似たようなものですし、ブロック力も大きな違いは数字上はないです。
いかにライトを使えるか。1本目を新鍋に取らせたりして、
東レの作戦の部分があるのでしょうが、
新鍋の打数が減ってきているのが気になります。

メンバーチェンジも駒的には久光のほうが揃っていると思うのに、
セミファイナル見る限り、メンバーチェンジに弱いのは久光のほう。
ファイナルはもっと緊張するステージ。
想定外、予想外のことでも動揺しない、
審判の一つのジャッチから崩れてしまったりしないよう、
どんな時でも冷静、かつ、熱く強気で戦って欲しい。
逆に今まで東レ戦では見せてない野本あたりで、
相手の意表をついたりするのもよいかも!?


東レ戦の決勝といえば、3年前の眞鍋久光最後の試合が最低最悪でした。
 (→ちなみに、3年前の自分の感想とデータへのリンク。●2008/09決勝 久光×0-3○東レ[試合結果 A B])
あんな試合は二度と見たくありません。
あんな試合見せられたら、もう金返せです、会場行ってないけど(^^;
今年のチーム、連続失点病という病気は抱えていますけど、
あの3年前のチームのようなことはないと思ってはいます。
結構、堅いチームですし。

それでも、正直、勝つ確率は30%あるかどうか。
互角の戦力、互角の能力はあると思うけど、なにせ経験が違いすぎる。
東レは終盤になればなるほど強いです。
それは東レの強さというより、木村の強さ。
とにかく離されないように。できれば、終盤までリードしていきたい。
20点超えたとき、少しでも弱気がでたら、突いてきますよ、東レは。
久光はチャレンジャー、思い切りやって、
一番気持ちの良い舞台、2チームしか味わえない舞台をぜひ楽しんで戦って欲しい。

その結果、勝ちがついてきたらこんな幸せなことはありませんし、
その幸せな場面に立ち会えたら、久光ファンとしてもこんな幸せなことはありません。

がんばれ、久光製薬スプリングス!
[PR]
by acaciawalk | 2012-03-21 14:17 | volley

全日本の記事とか

改めて、全日本記事を。
 『木村、新鍋らが登録メンバー入り 平井が初選出=バレーボール・全日本女子』

「木村・新鍋ら・・・」”新鍋ら”って言われるような選手になったんだなぁ~と凄い感動。
昨年までなら、「木村・竹下ら・・・」だよね。
「栗原代表復帰」とかいう記事もあったけど。栗原、どうなの~?

そして、アンさんに関する記事。
 『“秘密兵器”27歳・平井が代表初選出!…女子バレー』

地味なのでね、秘密兵器って感じは正直しないんですが(笑)
でも、仕事はしてくれると思います・・・タブン。

井上・山本がどのくらい復調するかわかりませんけど、
どの時点で判断するのか?
4年前はOQTに出た12名がそのまま五輪に行きましたよね・・・?
WGPでは2名追加するんでしょうけど、結局五輪にはOQTの12名が行ってる。

選んだOQTの12名に怪我でもない限り、または、よほどOQTでやらかさない限り、
若しくは若しくは、WGPで12名以外がすんげぇ活躍しない限り、
最終メンバもOQTの12名で行くんじゃないいかなぁと思っているんですが、
どうだろうか。

そうすると、井上・山本が4末時点で戻ってこれるかどうか、がポイントかと。
あっ、岩坂もか。でも、井上・山本に比べるとまだ大丈夫そうですが。

久光から5名選ばれましたけど、案外、アンさんが一番スタメンに近いかも。。。
[PR]
by acaciawalk | 2012-03-20 22:29 | volley

2012年度全日本女子バレーボール登録メンバー発表

まだセミファイナルの感想、岡山戦書けてませんが。

きたきた!平井さ~ん!!!
やっぱり、今年MB2名取ったから、久光も快く出しましたねぇ。
↓書いたとおりっす!
http://acaciawalk.exblog.jp/17880357/ 

【2012年度全日本女子バレーボール登録メンバー】
◆セッター
竹下佳江(JT)
中道瞳(東レ)

◆ミドルブロッカー
山本愛(JT)
井上香織(デンソー)
荒木絵里香(東レ)
平井香菜子(久光製薬)
岩坂名奈(久光製薬)

◆ウィングスパイカー
山口舞(岡山)
栗原恵(ロシア・カザン)
木村沙織(東レ)
迫田さおり(東レ)
石田瑞穂(久光製薬)
狩野舞子(トルコ・ベシクタシュ)
江畑幸子(日立)
新鍋理沙(久光製薬)

◆リベロ
佐野優子(アゼルバイジャン・イトゥサチ)
座安琴希(久光製薬)

平井はもともとをたどれば、大学にコネクションがなかった久光が、
眞鍋監督になった時に筑波大学からひっぱて来た選手ですからね。
眞鍋さんも良くわかっていると思います。
おそらくMB、荒木は固定、対角が問題なわけですが、
できれば、表が出来る(表裏関係ない)選手が欲しいはずで、
そういう意味では、石川か平井しか選択肢なかったと思うんです。
(杉山がくれば別だけど。)
井上香がブロックの名手ではありますが、
平井も大学時代からブロックには定評があるし、
今は、チームブロックに徹してますけど、負けてないと思いますよ。
ミスが少ないのも眞鍋さん好みでしょう!

ということで、登録人数だけだったら、東レを抜きました・・・
今度のファイナルはそういう意味でも楽しみです・・・
[PR]
by acaciawalk | 2012-03-19 14:31 | volley

2011-12V セミファイナル3日目 久光製薬 vs 岡山

[試合結果 A B ライブスコア]

勝った~!けど、まだ見てない~!!
NHKにて観戦予定なので、観たら感想載っけます。

昨日復活した石井が今日はベンチ外。
がんばっちゃって、炎症しちゃったかなぁ~。
少し休んで、ラスト1試合がんばって欲しい。
あせらなくても、黒鷲旗ではエースとして活躍してもらうことになるから・・・ね。

-------------------
やっと見ました。ぐだぐだ~。

サーブが弱いで有名な岡山相手にサーブレシーブどうしたんですか?
新鍋も座安も。
エンドライン側のジャッチミスするときって、
座安はかなり不調なイメージですが(村田に代えられたJT戦しかり)、
この試合はそんな感じでした。
新鍋も返球がちょっとずつ大きくなってしまってました。

1セット取ればファイナル出場が決まるということで、
ちょっと油断したのか、それとも、
絶対勝たなくてはというプレッシャーがあったのか?
この試合の内容では、東レには勝てないなぁ~と思いました。

そんな中、見所は、南が初めて長く上げたということ。
中田門下生らしく、セッターに戻ったら、何はなくともセンター攻撃。
それは良かったと思います。
ただ、サイドへのトスは荒れてましたね。戻ったり、伸びたり。
優しいWSの皆様でよかったです!

やっぱり、個人的には岡山のイライラバレーより、
東レやデンソーとの力のぶつかり合いバレーの方が面白くて好きだなぁ。
まぁ、オリジナルという意味では、岡山はかなり秀でてはいるんですけどね。

この緊張するセミファイナル3日間の舞台で、
15名中13名は試合に出たことになりますね。
野本と村田もどこかで出して上げられればよかったですが、、、
特に野本は、開幕スタメンを勝ち取った選手ですので、
後半、出番がどんどん減って行ってしまったのは、残念だったなぁと。

さて、ファイナルですね!3年ぶりの決勝進出!!

※3年前の自分の感想とデータはこちら↓
●2008/09決勝 久光×0-3○東レ[試合結果 A B]

負けた思い出しかないけど、平井出てたんだ~。ってか、平井しか出てない。
先野が怪我してたんだっけかな?
一方、東レは、木村・中道・濱口・宮田・・・何年同じメンバでやってんだよ!
あっ、でも荒木はイタリア行ってて居ないのか。

分が悪いのはわかってますが、後悔しないように、
精一杯、チャレンジャーでがんばって欲しい!
[PR]
by acaciawalk | 2012-03-18 22:14 | volley

2011-12V セミファイナル2日目 久光製薬 vs 東レ

[試合結果 A B ライブスコア]

GAORAにて観戦。

やっぱ、東レは勝負強いですね・・・
20点に先に乗っけても、なぜか逆転されてしまう。
小平や二見といった、普段出てない選手にやられたりして、
木村がいて、荒木・中道がいるという安心感が、
チーム全体の勝負強さを作っているような気がします。

サーブとサーブレシーブ。
本当に、この勝負となってきてる。
新鍋・座安以外の3枚目のサーブレシーブで崩されて苦しい展開に。
木村がピンポイントで狙ってくるんですよねぇ~。
本来、木村がバックに下がるS5ローテは、
前衛が宮田・高田なので、連続得点したいローテのはずなんですが。
まぁ、フリールがいるものとして対策してた部分はあっただろうから、
OP迫田Verを分析して、対策練れればなんとか。

久光としては、石井が久しぶりに復帰。
まだ完全ではないでしょうが、ブロックアウトの技術は凄いですね!
自チーム側に落とす能力は、石田・フォフィ・新鍋以上かも。
岩坂もピンチサーバーで登場。
ワンポイントブロッカーで使うよりはいいかもですね。

あぁ、でも、本当に東レは勝負強い。
相手のミスを誘い出すし、消して見逃さない。
ゲームセット後、まるで優勝したかのように、
床を叩きながら円陣組んで喜んでいる東レの選手達を見て、
これ、現場で見たら相当凹むなと思いました(笑)
まぁ、久光が優勝したら、同じようなことして、東レが凹むんでしょうけど、
ああいうときに、相手チームに敬意を表わし、握手を求めた、
宮間あやは凄すぎるって思っちゃいました。

たぶん、バレー界に宮間はいませんので、
久光が優勝して喜んでもらいましょう!?
[PR]
by acaciawalk | 2012-03-17 21:15 | volley

2011-12V セミファイナル1日目 久光製薬 vs デンソー

[試合結果 A B ライブスコア]

GAORAにて観戦。

まず、デンソーデラクルス選手の怪我について。

ごめんなさい。仮病だと思っていました!
日程的に2位より3位が有利なため、
策略的に3位になりたかったのかな、デンソー?
って思っていたんですけど・・・
違ったんですね。マジ怪我でした。
達川さんには、そういう思い切ったことはできないってこと
改めて確認いたしました。

というわけで、デラクルスが本調子ではない。
デラクルスに頼ったバレーを後半になるにつれて展開してきたデンソーに、
セミファイナル初戦という緊張感のある中、
バレーを変えろってのは無理な話で、
結局、波に乗れないまま、試合が終わってしまったように思いました。

そもそも達川さんの開幕前のインタビュー記事で、
「デラクルスの”私はデンソーを優勝させるために来ました”という言葉に
 感動しました。」
みたいなのが載ってたのを何かで見たんですけど、
これって、要はデラクルスに優勝プレゼントしてもらおうってことで、
監督として、この上なく情けない言葉だなって思っていたんですよね。
それでも、始まった当初は、石井も鈴木も井上も真柴も、
みんな若いながらも守備もいいし、がんばっていて好感持てる部分もあったんだけど、
だんだんとデラクルスバレーになっていってしまった。

優勝の可能性がありながら、痛い痛い初戦ストレート負け。
久光にしてみれば、デンソーはとても怖い相手。
もしかしたら、東レより怖い相手だったかもしれないのに、
コンディションを上げていくことができなかった責任は、
選手ではなく、監督にあったと思わざるを得ないです。
それでいて、意味があるんだかないんだか大竹・鍋谷を14名に登録してみたり。
まぁ、どうせメンバーチェンジを滅多にしないんだから、
有望選手を顔見せ程度に登録するのはいいですけど、
2人を登録することによって外れた選手というのは、
今までこの3ヶ月がんばってきてなんだったんだろうかと。

とにかく、この監督下では、そう優勝はできないですよ、デンソー。
Vプレミアでは大ベテランのはずなんですけどねぇ。
戦い方、下手!

と、敵のデンソーのあまりの残念さ加減に、
久光のことより気になってしまいました。
デラクルスの悲しそうな顔がさ、なんかかわいそうでね・・・
すんごい憎たらしいと思っていたけど、やっぱ誰でも怪我は辛いよね・・・


一方、久光さんですが。
デンソーの不調に助けられて、ほぼ危なげなくストレート勝ち!
サーブがとにかく走ってましたね。
特に石田と古藤のサーブがエグイエグイ。
新鍋もここに来てサーブ開眼?と思わせるような出来。
座安を中心としたディグはかなり向上していて、
コートに入っている6人全員穴がないのがよいよね。
あえていうなら、トスがレフト偏重だったかなぁと。
終わってみると、平井はそこそこ打っているんですけど、
新鍋の打数が少なすぎる。もっとあげて欲しい、古藤さん。
でも、とにかく内容よりも勝つこと大事なこの初戦。
本当に良かった・・・
展望or希望で書いたとおり、これで一気に視界が開けてきました!


そういえば。
岩坂が久しぶりに登録されて、新鍋と交代してワンポイントブロック。
結局、最後まで体調不良ということでテレビでも言っていたけど、
実際は何がどうなって、どのくらいの回復具合なんでしょうね・・・?
水田が穴を埋めてくれたけど、岩坂にしかない魅力もあるし、
100%の状態でいつ戻れるのか。
情報があまり公開されない体調不良って、関井の例もあるし、
なんだか怖いんだよね。。。
[PR]
by acaciawalk | 2012-03-17 09:47 | volley

セミファイナル展望or希望(その3)

●第1LEG 久光×1-3○デンソー
[試合結果 A B ライブスコア]

●第2LEG 久光×2-3○デンソー
[試合結果 A B ライブスコア]

●第3LEG 久光○3-2×デンソー
[試合結果 A B ライブスコア]

こうやってみると、デンソーって、ローテーションも変化させない、
メンバーチェンジもしない、対策するには考えやすいチームですねぇ・・・
これで、井上(香)がいきなり復帰とかしたら、戸惑うんでしょうが、
いきなりはないでしょうねぇ。
まぁ、復帰したとしても、対策上揺らぎはないですが。

フルセットで負けた第2LEGと勝った第3LEGをざっと比べると、

          第2LEG 第3LEG
アタック決定率(%)
     久光    41.1 35.7
     デンソー  49.7 35.3
ブロック決定本数(本/SET)
     久光    1.40 1.40
     デンソー  1.80 1.40
サーブ効果率(%)
     久光     9.6 11.2
     デンソー  12.7 10.2
サーブレシーブ成功率(%)
     久光    59.6 64.4
     デンソー  63.6 57.1

第2LEG、よくこれでフルセットいったなぁ・・・

第1LEGから第2LEGにかけてはローテーションを代えてましたが、
第2LEGから第3LEGへのデータで見る変化は、
サーブの狙いどころを石井に変えたこと。
そして、第2LEGでは決まり放題だったデラクルスを多少抑えられたこと。
久光側のデータで言えば、新鍋の決定率の高さ(第2LEG50.0%、第3LEG58.1%)。

おそらく、この第3LEGの戦い方を継承していくんだろうなとは思います。
今さら、新鍋のブロックが高くなって、デラをとめだすわけではないし、
OPに長岡先発は、試したけど万が一以外はなくなったし・・・
岩坂が復活するかどうかは気になるけど、
でも、第3LEGの第2セットなんて凄い良いバレーしてましたからね。
とにかく引っ掛けて、拾いまくる。つなぎまくる。
イライラさせてミスを誘う。
あのバレーが出来れば、大丈夫。

久光も若いですが、デンソーも若いです。
4強のプレッシャーを考えると、相当だと思うし、
強い気持ちで、どちらがより勝ちたいかの勝負。
3連勝!して欲しいけど、とにかくこの初戦。一戦必勝。
負けるな!ではない、勝つんだ!久光!!
[PR]
by acaciawalk | 2012-03-16 06:03 | volley

セミファイナル展望or希望(その2)

その1で、レギュラーラウンドの上位2チームが
4年連続でファイナルに進んでいることを書きました。
ちなみに、その前3年も上位2チームが順当に勝っているので、7年連続。
さらにその前は波乱が結構あるんだけど、
優勝決定のやり方がコロコロ変わっていたので、なんともいえない。
ちなみにちなみに、その波乱に大体絡んでいるのが久光(ダイエー)です(笑)
良いほうも悪いほうも。

次に、レギュラーラウンド4強の対戦成績が、
セミファイナルにどう影響するか、ってことをつらつらと。

●V・プレミアリーグ女子 2011/12
・レギュラーラウンド(勝敗、①第1LEG,②第2LEG,③第3LEG)
 1位:東レ(18-3、①6-1,②6-1,③6-1)
 2位:久光(15-6、①4-3,②5-2,③6-1)
 3位:デンソー(14-7、①6-1,②6-1,③2-5)
 4位:岡山(11-10、①4-3,②3-4,③4-3)
・レギュラーラウンド 4強の対戦成績
b0023908_1673463.jpg


【1】レギュラーで1度も勝てなかった相手にセミファイナルで勝つ確率
 その1で載せた、過去4年の4強の対戦成績を見て、
 レギュラーで1度も勝てなかった相手にセミファイナルで勝った試合
 (レギュラー1度も負けてない相手にセミファイナルで負けた試合)は、

  ●V・プレミアリーグ女子 2006/07
    1日目:武富士1-3パイオニア、3日目:久光1-3武富士 の2試合のみ。

 うち、3日目の久光-武富士に関しては、
 久光がファイナル進出を決定した後の試合で、
 モチベーションが難しかったと眞鍋監督(当時)がコメントしている通り、
 是が非でも勝ちたいという試合ではなかったのが大きい。
 つまり、24試合中1試合。確率にすると、約4%。
 デンソーが東レに勝つ確率、岡山が久光に勝つ確率はかなり低いと思います。
 あるとすれば、久光が2連勝して、ファイナル進出が決まった後の岡山戦ぐらい。
 (考えたくないが、久光・岡山が2連敗同士の場合もありえるかもしれない・・・)
 東レはそういう油断をしないチームだし、
 デンソーは2連敗した時点で、かなりのモチベーション低下が予想されるので。

【2】レギュラーで勝越ししているチームが勝つ確率
  【1】の通り、レギュラーの勝敗がかなり重要ということで、
 レギュラーラウンドで勝越したチームが、セミファイナルでも勝っていれば○、
 負けていれば×をつけてみます。

  ●V・プレミアリーグ女子 2006/07
    1日目:久光3-0JT×、武富士1-3パイオニア×
    2日目:久光3-1パイオニア×、JT3-1武富士○
    3日目:久光1-3武富士×、JT3-0パイオニア○

  ●V・プレミアリーグ女子 2007/08
    1日目:デンソー3-1久光×、東レ3-0岡山○
    2日目:久光2-3岡山○、東レ3-2デンソー○
    3日目:デンソー3-0岡山○、東レ3-1久光×

  ●V・プレミアリーグ女子 2008/09
    1日目:東レ3-2デンソー○、久光3-1NEC○
    2日目:東レ3-1久光○、NEC3-0デンソー○
    3日目:東レ3-2NEC○、久光3-0デンソー○

  ●V・プレミアリーグ女子 2009/10
    1日目:JT3-1デンソー○、東レ3-2久光○
    2日目:JT3-0東レ○、久光3-0デンソー○
    3日目:JT3-1久光○、東レ3-2デンソー○

  18試合が○、6試合が×。勝ち越ししているチームが勝つ確率は75%。

【3】レギュラー最後の対戦で勝ったチームが勝つ確率
 とはいえ、調子が上向きのチームと下向きのチームでは違うのでは?ということで、
 レギュラーの最後の対戦成績と同じ結果だったものに○、
 違う結果だったものに×をつけてみます。

  ●V・プレミアリーグ女子 2006/07
    1日目:久光3-0JT×、武富士1-3パイオニア×
    2日目:久光3-1パイオニア×、JT3-1武富士○
    3日目:久光1-3武富士×、JT3-0パイオニア○

  ●V・プレミアリーグ女子 2007/08
    1日目:デンソー3-1久光○、東レ3-0岡山○
    2日目:久光2-3岡山○、東レ3-2デンソー○
    3日目:デンソー3-0岡山○、東レ3-1久光○

  ●V・プレミアリーグ女子 2008/09
    1日目:東レ3-2デンソー○、久光3-1NEC○
    2日目:東レ3-1久光○、NEC3-0デンソー×
    3日目:東レ3-2NEC○、久光3-0デンソー○

  ●V・プレミアリーグ女子 2009/10
    1日目:JT3-1デンソー○、東レ3-2久光○
    2日目:JT3-0東レ×、久光3-0デンソー○
    3日目:JT3-1久光×、東レ3-2デンソー○

  17試合が○、7試合が×。レギュラー最後の対戦で勝ったチームが勝つ確率は70%。

う~む。なるべく久光優位だという論理に持って行きたいわけですけどね、
そうすっきりとはいきません。
でも、このあたりまでのデータを頭に入れつつ、セミファイナルの勝敗予想をば。

  ●V・プレミアリーグ女子 2011/12 セミファイナル予想
    1日目:東レ○-×岡山、久光○-×デンソー
    2日目:東レ○-×久光、デンソー○-×岡山
    3日目:東レ○-×デンソー、久光○-×岡山


うむ。普通だ。普通過ぎる。でも、これが一番確率高いかと。
問題は、1日目の久光-デンソーですね。
これが、逆になってしまうと、久光、一気にピンチになってしまいます。
過去見ても、1日目の第二試合→2日目の第一試合 というのは、
結構厳しいスケジュールで、2日目に敗退することが比較的多い
(100%ではないけど)。
しかも相手が東レということを考えると、
やはり是が非でも1日目のデンソー戦は勝たなくてはなりません。
(かなり当たり前の結論ではあるんですが。)
逆にいうと、1日目のデンソー戦に勝ちさえすれば、
一気に視界が開けてくるとも言える。

というわけで、今度は久光×デンソーだけに注目してみます。
[PR]
by acaciawalk | 2012-03-15 16:19 | volley