あかしあのみち

acaciawalk.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 06月 ( 11 )   > この月の画像一覧

2012-13V 久光外人情報

http://www.volleyball.it/notizie.asp?notizia_id=47125&n=47125

久光今期の外人助っ人は、アメリカ正セッターのリンゼイ・バーグ。らしいです。

リーグ決勝終わったときに、自分は、↓と書いてました。
http://acaciawalk.exblog.jp/18123737/
基本、外人要らない、とるなら、
レセプションなんかしなくていいから攻撃力のあるWSか、Sと。

その後、ヌットサラと連呼(笑)、より取るならSと思っていたところに、
リンゼイ・バーグ。
WS取るよりは遥かに良かったです。

久光の弱点はセッターと言われ続けて早○年?
セッターの実力不足もさることながら、単純に人数不足。
昨年は2人で乗り切りましたが、どちらか怪我したら終わりの状況です。
南を育てたいのはやまやまですが、
いきなり2年目南をシーズン通して使うには無理がある。

さらに、WSが外人だと、優秀なアタッカー、
WGPにも登録されている3年目トリオ石井・野本・長岡が
一人もスタメンで出れない確率が高くなり、
久光だけでなく全日本としても痛い。

外人がSであることで、南をじっくり育てることができ、
期待の3年目トリオだれか1人はスタメンに名を連ねることができ、
流れ次第では、3人でサイドを固めることもできる。

中田氏、日本人のセッター育成という命題がある中、迷ったとは思うけど、
チーム全体のバランスを考え、一番必要な補強をしてくれたと思います。
しかも、結構な確率でゴールドメダリストのセッターとして来てくれるわけです。
刺激にならないはずありません。

正式発表を待ちますが、これで、若手アタッカーは、いざという時、
外人に頼ることなく、自分達で決めなくてはならなくなりました。
さらなる飛躍が期待できます。楽しみ~。

ということで、スタメン予想というか希望。

長岡(石田) 岩坂(水田)新鍋
石井(野本/石田) 平井  バーグ 座安

こんな感じでお願いします・・・ 
[PR]
by acaciawalk | 2012-06-27 09:51 | volley

決定 ロンドン五輪女子日本代表12名

※背番号は未定

竹下佳江 S
中道瞳 S

大友愛 MB
井上香織 MB
荒木絵里香 MB

山口舞 WS
木村沙織 WS
迫田さおり WS
狩野舞子 WS
江畑幸子 WS
新鍋理沙 WS

佐野優子 L

(リザーブ)
石田瑞穂 WS

----------------------
さて、決まりました。

悪魔と天使、どちらからいきましょう。
後味良いように、まずは悪魔からいきますか(笑)

え~、では。。。

おいおい、眞鍋氏、なんで、平井を落とすんかな~。
OQTでセルビアから2セット取れてなかったら、
オリンピックどころじゃなかったんだぞ~。
誰があなたの首をつなげたと思っているんだって話だよ。
井上や大友より悪いところ、データで出して具体的に説明してくれ!!
1ヶ月後なんて知らんがな。選考時に良い選手を選ばないから、
マラソンでも柔道でも、疑惑の選手選考が起こるんじゃいっ。
選んだからには、復調しなくても泣き言いうなよ、
もし負けても、けが人や選手のせいに絶対するんじゃないからな!

それから、石田のリザーブってなんやねん。
WGPで、迫田とリベロと一緒にレセプションなんて、
高田がVリーグでやっとやるかやらないかというような布陣をさせといて、
そりゃないわ。ってか、リザーブ入れるなら、MBだろ!

はいっ。以上、悪魔の声でした。


続いて、天使さんどうぞ。

まぁ、眞鍋JAPANといえば、なんたって世界バレー3位ですからね。
そのメンバーで行きたかったんだろうと理解しました。
大友・井上が戻ってくれば、世界バレーに近いバレーはできるのかもしれまんしね。
夢をもう一度って感じで。
あれからの上積みというと、江畑がエースらしくなってきたこと、
迫田もだいぶ上手くなってきたこと、
後衛のレシーバーとして井野がいたけど、
前衛でも使える新鍋という戦力が入ったこと、
栗原に比べて守備が安定する狩野が入ったこと、
全体的に世界と戦う経験値が上がったこと、、、とかでしょうか。
(※木村は世界バレー時点で確変起こしていたので、上積みには敢えて入れません。)
決まった以上、この12名+1名で目標のメダルが取れると良いですね。



それにしても。世界バレー3位メンバーという壁。
久光ファンとしては、ものすごく大きな壁だったなと感じています。
でも、みんなよくがんばったなぁと。

石田は結局2年前と全く同じ、13人目というポジションですが、
その間、レシーブ力も上がったし、BAは一番速いとまで言われるようにはなった。
ただ、打ち屋としては江畑・迫田にちょっと劣ってしまったのかもしれないけど、
総合力では負けてないと思います。だからこそのリザーブ。
胸張って、モチベーション高く、役目を全うして欲しいと思います。
また、実はこの複雑な役目を全うできる選手って凄く少ない。
石田だから選ばれたんだろうなとも思います。がんばって欲しい。

岩坂は、サーブがイップスに近い症状とのことで、
これでは大事な場面では使えないという判断だったのかなと。
前衛の動作の遅さとかは、データなどを駆使すればある程度はカバーできても、
サーブの不調はカバーしきれない。
せっかくの逸材なのにもったいなかったなと。
もともとは、Vで疲労骨折してしまって、
試合経験を積めなかったのも痛かったですね。
でも、転がり込んだチャンスをモノにしたWCでの活躍は自信にして欲しいし、
何より、まだ若く、これからリオに向けて
センターエースになってもらわないといけない存在。
久光でみっちり鍛えたらよいと思います。
ロンドン終わったら、流石に159cmセッターではなくなると思います
(というか願います)。
クイックを腕を縮めて窮屈そうに打っているのを見て、
これじゃ岩坂は活躍できないって思ってました。
170cm超のセッターとあわせて、高さを活かしたクイックを身につけて欲しい。
ブロードはそんなにできなくてもいいと思う。
ただ、全日本の監督が誰になろうとも、スピードバレーを掲げてくるだろうから、
それには対応できるようになってほしい。がんばれ、ナナ。

平井は、突然降って沸いたような代表入りだったけど、
OQTでの出場権獲得に大いに貢献したと思います。
久光でのプレーも本当に堅実で、なくてはならない選手。
中田も評価しているようなので、来期も間違いなくスタメンでしょう。
でも、どうしても地味にみられがち。
そんな平井が、あれだけ感情を顕にしてプレーしている姿をみて、
選ばれて本当に良かったと思いました。
できれば、もちろん本戦に行って欲しかったけど、
あの苦しいOQTをスタメンで戦ったことの方が、
もしかしたらものすごい財産なのかもしれないと思います。
28歳、荒木と同期。もし、身体が悲鳴をあげることがなければ、
4年後を目指して欲しい。
そういう意識が今回の代表入りで芽生えたとしたら、
それだけで素晴らしいと思います。
そして、来期Vリーグ、一つ目指して欲しいことがあります。
それは、タイトル奪取。ブロックでも決定率でもいい。
地味といわれているアンさん。何か一つタイトルに絡んで欲しいです。
(もちろん、その先はチームの優勝ですが。)

座安は次世代のリベロ。これは間違いないです。
佐野という牙城は崩せなかったけど、
濱口と井野という壁はたった半年で超えてみせてくれた。
WGPではモントルー以来の海外勢相手のリベロ。
明らかに経験不足を感じました。
レシーバー枠ではライバルになる新鍋もいて、
12名漏れはうすうす感じていた部分はあったとは思う。
でも、声を張り上げ応援、率先して地味な仕事も引き受け、
本当に縁の下の力持ちだったと思います。
ロンドン後の佐野の進退はわかりませんが、
今度こそスタメンを取って欲しい。
Vでは苦手と言われたサーブレシーブ成功率でトップになったし、
着実に力をつけていると思います。あとはリベロとしての経験。
佐野とは違う全日本リベロ像、早くて今年9月には見れる??期待してます。

最後に新鍋。
高くて分厚い世界バレー3位メンバーの壁。
唯一突破したのが、新鍋でした(狩野は2009年から代表入りしているので)。
「オリンピックは観た事ないです」と平然と言ってのけた新鍋が選ばれるって、
オリンピックに行きたくて行きたくて仕方ない人からみたら、
また過去2回出ている竹下らからみたら、「はぁ?」って感じだと思うけど(笑)、
まぁ、それも実力、そして努力。持ってる人だと思います、新鍋は。
眞鍋さん好みのプレースタイルということもあったけど、
全日本がサーブレシーブのできるWSを探していた高卒2年目のVで
サーブレシーブ部門1位(リベロ除く)になったのが大きかったですね。
そして、要所要所の大事な試合で、結果を出してきたのも大きい。
データバレーといいながら、ベテラン重視の温情派、
若手に厳しい眞鍋氏が唯一選んで入れたわけだから、自信をもって、
五輪では、ミスを恐れず思い切り暴れて欲しいと思います、
一緒に行けなかった同僚の分も。
そして、WCでの忘れ物、中国戦での勝利を必ず取ってきて欲しいです。
(当たるかはわかりませんが。)

ロンドンオリンピックでの結果はどうなるかはわかりませんが、
ここまでの戦い、久光には良い影響を与えると思います。
そして、ここからの成長。代表に唯一選ばれた新鍋、
リザーブという複雑な立場ながら五輪を経験することになる石田、
そして、外れてしまった、平井、岩坂、座安。

みんないろんな思いを抱えてチームに帰ってくることになると思うけど、
必ずこの思いをプラスにして欲しいです。来期こそ優勝。
この5人が立役者になることを祈っているし、信じています。


って、改めて全日本より久光なのでした・・・
[PR]
by acaciawalk | 2012-06-25 23:35 | volley

WGP2012大阪大会 3試合結果

■日本 1 - 3 ドイツ (stat
 (22-25, 12-25, 25-17, 16-25)
 狩野 荒木 石田
 迫田 平井 中道 座安

  (控え)栗原、竹下、大友、山口、木村


■日本 1 - 3 トルコ (stat
 (25-23, 14-25, 21-25, 17-25)
 山口 井上 栗原
 石田 平井 中道 佐野

  (控え)竹下、大友、木村、狩野、迫田


■日本 3 - 0 韓国 (stat
 (25-22, 25-20, 27-25)
 山口 荒木 木村
 迫田 大友 竹下 佐野

  (控え)栗原、中道、井上、石田、狩野


12名メンバー発表になる前に大阪大会の感想書きたいけど、
とりあえず結果のみ。
後から書けたら書きます。

久光から1人でも多く選ばれますように・・・
[PR]
by acaciawalk | 2012-06-24 23:34 | volley

WGP2012大阪大会 エントリーメンバー14名発表

対戦国:ドイツ、トルコ、韓国

1 栗原恵 WS
2 中道瞳 S
3 竹下佳江 S
4 井上香織 MB
5 大友愛 MB
6 佐野優子 L
7 山口舞 WS
8 座安琴希 L
9 石田瑞穂 WS
11 荒木絵里香 MB
12 木村沙織 WS
14 江畑幸子 WS
15 狩野舞子 WS
17 平井香菜子 MB

発表にはなったけど、江畑が怪我で代わりに迫田という話もあります。
明日にはわかるでしょうが...この時期に心配ね。

新鍋・岩坂がOUTなのは、順番からして仕方ないけど、
やっぱさびしい~。
こうなったら、アンさんの活躍と、石田のタイ戦の名誉挽回と、
座安のトスアップに期待します。
[PR]
by acaciawalk | 2012-06-22 00:27 | volley

久光公式

「チームからのメッセージ」がやっと変わった。1年越し。

http://www.springs.jp/msg/index.php

といっても、中身を更新している人はあんまいないけど。

もうすぐ体制発表だなぁ。嫌な季節だよ、全く。
でも、今年は監督交代だけかなと予想。
選手はもともと少ないからねぇ・・・退団はフォフィぐらいだと信じたい。
[PR]
by acaciawalk | 2012-06-21 15:57 | volley

2012-13 久光 Vプレミアリーグスケジュール

自分用備忘録(V公式)。

東京、神奈川は行くとして、
千葉のセミファイナル、ファイナル、皇后杯が東京なら行きたいし。

ということで、お嬢さんと私は、何会員になれば良いでしょーか。
グリーンかブルーか。何なら旦那も会員になってもらおうかな?

----------------------
11/17-18:福井(福井)
11/24-25:東京(大田)
12/01-02:佐賀(佐賀)
12/08-09:岡山(岡山)

(皇后杯:12/14-16:東京,宮崎、12/23-24:宮崎)

01/12-13:山形(米沢)
01/19-20:兵庫(姫路,神戸)
01/26-27:愛知(刈谷)
02/02-03:佐賀(佐賀)
02/09-10:岡山(笠岡)

02/23-24:神奈川(川崎)
03/02-03:長崎(長崎,諫早)
03/09-10:愛知(岡崎)
03/16-17:岐阜(中津川,岐阜)
03/23-24:鳥取(鳥取,米子)

セミファイナル
04/05-07:千葉(船橋)

ファイナル
04/13or14:未定
[PR]
by acaciawalk | 2012-06-19 18:35 | volley

WGP2012小牧大会 3試合結果

■日本 3 - 0 ドミニカ (stat
 (25-17, 25-13, 25-18)
 新鍋 岩坂 栗原
 石田 平井 中道 座安

  (控え)竹下、大友、井上、江畑、迫田


■日本 3 - 0 プエルトリコ (stat
 (25-20, 25-18, 25-16)
 新鍋 井上 栗原
 江畑 大友 竹下 座安

  (控え)中道、岩坂、江畑、迫田、平井


■日本 2 - 3 タイ (stat
 (15-25, 25-16, 25-22, 19-25, 16-18)
 迫田 岩坂 石田
 江畑 平井 中道 座安

  (控え)栗原、竹下、大友、井上、新鍋


小牧大会、なかなかのチャレンジでした。
ってか、こんなチャレンジ、昨年のWGPからやっとけよ!って。
そしたら今年の今頃もう少しは底上げできていたと思うのに。

最大の注目は栗原ですかね。
プレーを見るのが本当に久しぶりでした。
結果からいうと、木村の万が一があった場合、
レフト栗原はありかと思いました。
その場合の条件として、ライトは舞子か新鍋にして、
守備負担を減らすというのがありますが。
やはり高さとサーブは魅力だし、
大一番、木村に交代するってのは、かなりのプレッシャーだと思うんだけど、
それを平気そうな顔して出来るのは栗原だけかなと。
(プレーが伴うかどうかは別として。)
舞子はレフトじゃ多分自滅するし、
新鍋は守備的には安定はするでしょうけど、まだ役者不足な感じもするし。
でも、プエルトリコ戦の捻挫で、そのチャンスもどうなるか。

韓国ラウンドで外された石田は、江畑ポジで試されるのかと思いきや、
木村ポジだったり、江畑ポジでのレセプション参加(ライトに迫田)だったり、
ここにきて、守備への参加を強く要求される使われ方。
準備はしてきていたと思うし、Vでもレセプションやってたけど、
最終試験でいきなり今までと違うこの扱いは大変だと思うんだけど。
やらせるならもっと前から、せめて昨年のWGPとか。
栗原も石田も山口並みでよければサーブレシーブできると思うし、
石田に関しては、ディグも負けてないと思うし、
サーブはもちろん勝てると思うし。
でも、昨年は、そういう使われ方を一切しなかったから、
久光としては、石田レフト、新鍋ライトで1年通したわけでして・・・
ん~、なんだかなぁと。
これで、タイ戦の戦犯みたいに言われてもねぇ。
まぁ、フルで戦うと安易なミスが増えるのは、
この試合だけのことではないけれど、
3枚キャッチの1枚が迫田という状況で、
座安と2人広範囲を守りながら、攻撃しながらなんて、
なんてハードルの高い最終試験かと。
せっかくのドミニカ戦の活躍も一気に吹っ飛ぶタイ戦でした。

その他WS。
迫田はこのラウンドでは主にライトポジ。
狩野・新鍋・山口が入るよりは、確かにライト打数が増えますよね。
それは良い効果だと思うけど、あくまでレフト対角でレセプションをする場合に限る。
結局、タイ戦でレセプションをやったけど、
石田をヘトヘトにさせてしまったわけだから、全体最適としてはどうなんだろうかと。
(木村をヘトヘトにさせてしまう山口のレセプションに近いものを感じる。)
まぁ、チームとしての評価よりあくまで個人の評価に留まるのなら、
”迫田は良かった”ということになるのかもしれないけど。

江畑は韓国で雷落とされたようで、
流石に先週よりは少し持ち直していたかな。
でも、タイ戦の最後、やっぱり決めて欲しかったなぁと。
というか、決めるべきだったと。
中道のトス回しが・・・というのはあったにせよ、
最後、木村がいないのなら、江畑が決めないとね。

新鍋はまだ肩にテーピング貼ってましたね。
その影響かこのラウンドではフル出場はせず。
でも、先発で出たドミニカ戦ではディグが良かったし、
プエルトリコ戦でもバランスが良かった。
ただ、途中で入ったプエルトリコ戦第3セットとタイ戦は準備不足か、
いきなりサーブレシーブをミス(--;)
このあたりは多いに反省していって欲しいところです。

MBは、確定荒木がベンチアウトなので、4人の試験。
贔屓目かもしれないけど、平井が一番いいと思います(笑)!
確かにこれっ!て武器はないけど(爆)、
全てがソツないですから。
サーブもだいぶよくなったように思ったし、
あとは、もう少しコンビが早くなるといいなと。

大友・井上は、韓国ラウンドの期待感からは、少し後退。
まぁ、一進一退って感じでしょうかね。
でも、最後選ぶのは監督だとしても、
竹下の意見が大きく反映されるとすれば、
大友は選ばれるのかなぁと。竹下の精神安定剤になりますからね。
井上は・・・とりあえず大阪最終テストですかねぇ。

岩坂は、サーブが戻らないのが厳しいですね。
崩すサーブは少しずつ出てきているのですが、ミスが多すぎ。
これをどうしかしないと、使いづらいでしょうね。
クイックは、OQTの頃より積極的に入っているし、
少し良くなってきているんですが。
新鍋は12名に残ると思うので、岩坂もできれば一緒にと思うけど。
最後の1週でどこまでサーブを戻せるか。

セッターは、プエルトリコ戦は竹下が登場。
流石に疲れが癒えたか、OQTの後半に比べると動けているように思いました。
大友・井上とのコンビを確認したかったのでしょうかね?
手ごたえはどうだったんでしょーか。

ドミニカ・タイ戦は中道がフル出場。
竹下に比べるとセンター・ライトの使い方が積極的で良かったと思う反面、
タイ戦の第5セットは、流石東レのセッターになってしまってました。
レフトが木村ならそのトス回しも正解なんでしょうけどね。
勝てる試合、落としたのはアタッカーのせいだけじゃないですよね。

リベロは座安が3試合フル出場!
佐野が発熱・のどの痛み(木村と一緒)ということらしいですが、
何はともあれ、この3連戦、座安にとっては貴重な経験だと思います。
韓国ラウンドに比べて明らかにディグが良くなりました。
サーブレシーブはもう一つではあったけど、
栗原と石田、石田と迫田等、大変なフォーメーションで、
国際大会を経験できたのは本当に良かった。
座安特徴のオーバートスをする機会も増えていったし!
もし、このまま佐野が体調不良ならチャンスある?・・・なんて考えてしまいましたが、
たぶん、仮病なんですよね(笑)?
まぁ、今回行けなくても、この経験は活きるはず!
って座安だけは、もうリオオリンピック前提で見てしまってますけど(笑)
内容ともかく、フルで出てることに感動しました。
(そもそも、本気で佐野のライバルにさせるつもりがないわけだからね。
 土俵にも乗らせてもらえてないわけだから。)

来週はいよいよ大阪ラウンド、本当の最終テストですね。
現時点での私の12名ですが。

S:竹下、中道
WS:木村、江畑、新鍋、狩野、迫田、石田
MB:荒木、平井、大友
L:佐野

かな。
栗原も入れたいところだけど・・・次世代でもあるし、狩野に期待します。
ただ、眞鍋さんは石田ではなく山口でしょうね。
ほんと、なんでか知らんけど、山口好きだからね。
ということで、結局OQTからは、岩坂→大友の変更だけかなと予想します。
岩坂が逆転できるとすれば、サーブのみ。がんばれ、ナナ!!
[PR]
by acaciawalk | 2012-06-18 12:12 | volley

WGP2012小牧大会 エントリーメンバー14名発表

対戦国:ドミニカ、プエルトリコ、タイ

1 栗原恵 WS
2 中道瞳 S
3 竹下佳江 S
4 井上香織 MB
5 大友愛 MB
6 佐野優子 L
8 座安琴希 L
9 石田瑞穂 WS
10 岩坂名奈 MB
12 木村沙織 WS
13 新鍋理沙 WS
14 江畑幸子 WS
16 迫田さおり WS
17 平井香菜子 MB
[PR]
by acaciawalk | 2012-06-14 23:38 | volley

WGP2012韓国大会 3試合結果

■日本 0 - 3 トルコ (stat
 (19-25, 21-25, 21-25)
 山口 岩坂 狩野
 迫田 井上 中道 座安

  (控え)竹下、大友、荒木、新鍋、江畑


■日本 1 - 3 キューバ (stat
 (20-25, 25-20, 18-25, 20-25)
 山口 井上 新鍋
 迫田 大友 中道 座安

  (控え)竹下、岩坂、荒木、江畑、狩野


■日本 3 - 1 韓国 (stat
 (20-25, 25-20, 18-25, 20-25)
 狩野 井上 新鍋
 江畑 荒木 中道 座安

  (控え)竹下、大友、山口、岩坂、迫田


3試合をざっと見て。

なんといっても注目のMB2名、井上と大友。

井上は3試合フル出場してました。
でも、力強さ、高さ、速さ、どれもこれもまだまだですね・・・
(力強さはもともとそんなないけど。)
技術でなんとかという感じがしました。
それでも、岩坂よりは効果がありそうなのが悲しいところですが(^^;
でも、平井より良いとはまだ思えないですねぇ。
ということで、日本ラウンド、アンさん、がんばれ!です。

大友は、トルコ戦途中出場、キューバ戦フル出場でした。
キューバ戦では、ベストスコアラーは流石。
やっぱり才能があるんですねぇ。相変わらずのブロードバカではありましたが。
ただ気になるのは韓国戦にまったく出てこなかったこと。
一発当確だからとは思えず、まだ連戦はきついのかなと思いました。
患部に炎症でも出たのではないでしょうか?

解説の中でMBは3人と眞鍋さんは言っているといってました。
荒木は確定として、井上・大友両方入れるのは危険すぎる。
入れるとしたら、どちらか一方だと思います。
あと40日をどう捉えるかというのはありますが、
やはり選出した時点でのベストを選ぶべきだと思いますし、
久光2名MB両方OQTに出ながら本戦出れないなんて、イヤ(笑)
どっちか連れていってくれ~って思います。

Sは中道がフル出場。
ベンチの指示なんだろうけど、センターライトをかなり意識して使ってました。
まぁ、木村がいないので、自然にレフトの打数は減ったというのと、
センターライトを活かすには、
新鍋ちゃんのレセプションの球質が良いよねって、思いました(笑)
あと、レフトへのトスはちょっと早くなっていたような?
でも、安定してないのもあって、アタッカーがなかなか打ち切れてなかったですね。

Lは座安がフル出場。
佐野がいながら、これだけ座安がリベロとして試合に出たのは
初めてではないでしょうか。
明らかに実戦不足。経験不足な気がしました。
アピールしたいだろうに、ブロックとの連携やレシーブの位置の確認など、
なんだか空回りというか、バタバタしちゃってましたね。
チャンスボールも、古藤なら余裕で取れるけど、
中道だとちょっと余裕がないようなボールを返してしまったり、
レセプションももう一歩という気がしました。
本当なら昨年のWGPとかアジア選手権とか、
もう少しリベロとしての経験積ませてくれればよかったのに、
ずっとベンチ外でしたからね・・・
今から佐野に取って代わる、又はレシーバー登録は今回は厳しいかもと。
ただ、4年後のリオでは正リベロでいて欲しいので、
まずは、さっさと久光を1回優勝させて、海外行ったら良いかと思います!
ということで、久光優勝させてください(笑)!!

WSは、江畑を除くと、山口・狩野・新鍋・迫田が2日ずつ先発。
トルコ戦は第二セットで山口→新鍋、キューバ戦は第四セットで山口→狩野、
韓国戦は第四セット途中で江畑→迫田がありました。

率直にいうと、韓国戦が(木村が居ない場合の)ベストの布陣よね。
舞子がライトで活躍できるなら、それが一番。
新鍋は木村の万が一にも備えられるし、舞子の代わり、レシーバー代わりも出来る。
江畑が捕まれば迫田、若しくは今は居ないが石田。
そうなると、やっぱり山口の存在価値が????って思いますが。
ここにきて、眞鍋さんも流石に色々と思うようにはなったと信じたいけど、
どうだろうか、山口外す決断は出来ないだろうなぁ~。
私なら、山口→石田で、WSは決定なんですけど。

そうはいっても、個々人の調子はいまいちでしたね。
江畑はなっかなか決まらなくなったなぁ。
韓国戦、新鍋とそう変わらない決定本数というのは、打ち屋としては問題かと。
新鍋もね、肩を痛めているらしく(いつから?)、
かわしてなんとかという打ち方してるしね。
眞鍋さんからはほぼディフェンスのことしか言われないからなのか、
攻撃がおざなりすぎる。エースポジ任されていること忘れんな!
気持ちを変えるだけで、やれば出来る子のはず(贔屓目)。
迫田はキューバ戦で相変わらず思いっきりブロックにぶつけて、
その直後の眞鍋さんの顔を抜かれてたけど、すんごい顔してたし(苦笑)。
舞子も特に山口と一緒だとレセプションが不安定。
チャンスボールも雑だし、吉原解説員がかなり目の敵にしておりました。
(期待からの苦言というより私情入ってそうでした)
山口はね、さてどう使いましょうかねぇ。
イギリス戦、アルジェリア戦で、スタメンを休めさせる時にでも使いますか。

今更ですけど、レセプションで”1枚”を任せられるWSが少なすぎですよね。
木村・新鍋・狩野:1枚
栗原・石田・山口:0.5枚
江畑・迫田:0枚

今までであれば、1.5枚+リベロでなんとかなってきたかもしれないけど、
五輪では、さらに強いサーブが来ると思うんです。
Vでも、デラクルスのサーブに、座安+新鍋+石田(0.5)でもだいぶ苦労しましたけど、
五輪では、3枚きっちり揃えないと無理な戦いが増えると思います。
つまり、木村+新鍋、木村+狩野しかないんですよね。
木村を休ませられる相手なら、新鍋+狩野ですけど、
とにかくバリエーションが少なすぎ。
サーブレシーブ世界一を個人の素質と努力だけで済ませてきたんじゃないかなと。
”育成”という概念がなさ過ぎたと思いますね、まぁ今更なんですが。


さて、今週末の日本ラウンドはどういうメンバーで来ますかね。
外れた栗原・石田・平井は入ってくると思いますが、
14名から外れるメンバーと12名から外れるメンバーは誰なのか。
日本でやる手前、木村・佐野を使うのか?
[PR]
by acaciawalk | 2012-06-11 11:38 | volley

WGP2012韓国大会 エントリーメンバー14名発表

対戦国:トルコ、キューバ、韓国

2 中道瞳 S
3 竹下佳江 S
4 井上香織 MB
5 大友愛 MB
6 佐野優子 L
7 山口舞 WS
8 座安琴希 L
10 岩坂名奈 MB
11 荒木絵里香 MB
12 木村沙織 WS
13 新鍋理沙 WS
14 江畑幸子 WS
15 狩野舞子 WS
16 迫田さおり WS

井上・大友が入りましたね。
どのくらい試合ができるようになっているのか、注目ですね。
もしこの2人が万全なら、岩坂も平井も取って代わられるんでしょうかね。
そう、”万全”ならね。
久光ファンとしては、「これは仕方ない・・・」と
あきらめさせるだけのものを見せてくれないと納得いきません(笑)
中途半端な出来なのに・・・ってのはホント勘弁です。

それより、石田が気になるなぁ。怪我ってことはないかな?
まぁ、このラウンドはキューバがいるので、迫田ということもあるのかな。
栗原は・・・どうなんだろ。
日本ラウンドでは石田と共に出てくるかとは思うけど。


OQTからの課題は明確で、木村の負担をどう減らすのか?、ということ。
以前からずーーーーーーーーっと残っていた課題ではありますが。

その一解決策として、MBの攻撃力向上は重要な課題ですね。
そういう意味では、大友の復帰は確かに気になります。
(井上の攻撃力は特に期待していません(笑)。期待されているのはブロック!)

次は、やはりレセプション。
木村を集中砲火さえすれば日本は崩れる、
その対策は、木村個人の問題・・・なんてことにはならないように。
そもそもどこかの記事で見たけど、
サーブレシーブ成功率の目標を75%に設定しているとか!?
佐野・座安・新鍋の3人で取って、
なおかつ相手がシーガルズってならありえるけど、
強豪相手に、ありえない設定の高さ。
それなのに、山口前衛時は佐野と木村の2枚キャッチ敢行とか。
目標を下げろとは言わないけど、
目標を達成する手段を考えて欲しいですね。
五輪までの短い時間、日本がそうしようとしている通り、
各国、「サーブ」を強くしてくるだろうというのは、予測できます。
今までよりさらに強いサーブが来るわけです。
それを「木村の復活」でなんとかとか言ってる場合じゃないです。
”チーム力”を発揮して欲しいところです。


メンバーについて、個人的には、
石田を入れたほうが色々といいだろうなとは思うのですがねぇ。
誰の代わりかってのは、まぁ個人的には思うところがありますが、
敢えては書きません。

石田なら、短時間であれば木村の代わりが出来ますし、
ライトも出来ますし、ピンチサーバーも出来ますし、
バックアタックも打てますから、江畑ポジも出来ます。
眞鍋JAPAN重要戦略(らしい)2枚替にも一応使えるはずです。
 ※2枚替を重要視するばかりに、韓国戦の後手の采配がうまれたわけだけど。
  そして、あんなに重要な戦略だと言っていたのに、
  サーブレシーブを重要視して新鍋INの場合は、
  たった3ローテが怖くて使えないという。
  ってかワンポイントブロッカーが狩野じゃなくて山口ってところが??
  まぁ、ピンチサーバに山口使えないんだから、仕方ないのか・・・
  ん?仕方ないのか???よくわからん。

とにかく・・・MBの攻撃力がどのくらいアップしているのか、
五輪に向けて新たな施策や隠していることはあるのかないのか、
OQTの内容を真摯に受け止めて、どう変化をつけてくるのかが見ものです。

おそらく、眞鍋監督は、非常識なことをするといいながら、
2年昔の成功体験を思い切り引きずってくるんだろうとは思いますけど、ね。
[PR]
by acaciawalk | 2012-06-07 16:21 | volley