あかしあのみち

acaciawalk.exblog.jp
ブログトップ

5年ぶりソロライブ 「Sonim Cafe in Miiya Cafe」

思えば、HPからブログに変更したのは、
ソニンのライブのレポを簡単に残しておきたいなぁと思ったのが一番の理由。
痛いくらいいっぱい行ってましたので・・・
でも、ブログはじめてからは、ほんの数回。
5年ぶりのソロライブです!
たぶん、最後のライブにも行っているんですけど、ほぼ記憶喪失。
でも、こうやって思い返せるのがいいところ↓

2005.02.11
「ソニン LIVE2005 あすなろ銀河」 in 渋谷eggman

2005.05.21
「ソニン LIVE 2005 ハート」 in 原宿アストロホール

2005.06.28
「ソニン LIVE 2005 Feel」 in 原宿アストロホール

2005.08.07
「ソニン LIVE2005 in summer」 in SHIBUYA O-WEST

あぁ、そうだそうだ、行ってた行ってた。子供産む前だわ(笑)。
ソニンも22歳とか?若すぎる・・・

会場は、Miiya Cafe
おそらくゆったりとお酒を飲みながら歌を聴く場所で、定員は20名程度かと。
でも、そこに、椅子をいっぱい入れて、50名ぐらい。+立ち見が20名ぐらいかな?
総勢70名ぐらいのライブ。
ソニンのライブでチケット取れないなんてことなかったんですが、
今回は取れない人も結構出たようです。私は運よく取れましたが。

なんで、この会場なんだろうなぁ?タブン、事務所変わって、
ソニン自身もスタッフも、”確実なキャパ”を考えたらここに落ち着いたんだと思う。
本来はもう少し(+100名ぐらいはいけるだろう?)大きくてもいいとおもうんだけどねぇ。
自信のなさがとてもあらわれています。近くで見られたのはいいけど、
見れなかった人も多かったと思うので。
でも、昔から、お酒でも飲みながらゆっくり聞きたいねぇ、なんて、
仲間と言っていたので、それが叶ったのは良かったかも。

バンドは3名。ギターとパーカッション、ピアノ。+ソニンがギター少々。
ギターはソロライブの頃からのカジくん(と、呼んでました、ソニンが)。
パーカッションは・・・すみません、わかりませんが、ピアノ(キーボード)は、
元サムエルの今井さん。
MCは基本ソニンが一人でしゃべるんだけど、今井さんが相槌打ったり、
少し盛り上げてくれたりしてました。

セットリスト

1.カレーライスの女
2.HELLO!新しい私
3.誰より好きなのに(古内東子カバー)
4.ほんとはね。
5.I LOVE YOU
6.悲しくてやりきれない(ザ・フォーク・クルセダーズカバー)
7.All By Myself(「ブリジッドジョーンズの日記」より)
8.ウサギ (ソニン作詞作曲)
9.小さな夜旅
10.I'll be There(マイケルジャクソンカバー)
11.あすなろ銀河
12.糸(中島みゆきカバー)
アンコール
13.青春のSUNRISE

MCで、今回、何を歌おうか考えるのに自分の曲を聴きなおしていたら、
改めて「暗い」ことに気がついたというソニン。
でも、楽しい曲と半分半分にしましたと言ってましたが・・・
圧倒的に暗いんですけど(笑)
まぁ、着席スタイルでお酒飲みながらだから、
このくらいでいいのかなぁ。

個人的には「ウサギ」。ソニンが今まで作った曲の中では一番良かったなぁ。
この曲、4年前に作って放っておいた、けど、伝えたいことは変わらなかったというソニン。
10代の思春期の頃に悩むような、器用な大人にはなりたくない、
けど、ならないといけない、、、みたいな葛藤を歌っているんですけど、
なんだろ・・・もうすぐ27歳のソニンがまだそこで踏ん張っているんだって思うと、
自分自身がなんだか、ずるい存在に思えてきてしまう。
まぁ、なんというか、このクソまじめな熱血漢を
受け止め続けることが出来るかどうかというのが、
ファンでいられるかどうかのポイントなんですけど、
結局は、私は受け止めようとしてしまうわけでして(笑)。
マイケルへの降って沸いたような(笑)熱い思いとか、
ソニンならではのねっとりした感じ。
今回、会場の半分ぐらいは、初めてソニンライブに来た人たちだったようで
(この5年に新規開拓できたんだね、よかったね、ソニン!)
その人達がどう思ったのかな?というのは、非常に興味あるところ。
まぁ、ソニンの芝居を見て好きになって、ソニンのブログを見て応募しているので、
受け止める準備は出来ている人達だと思いたいんだけど。

あと、中島みゆきさんのカバー。今までも何回かしてるけど、
今回の「糸」が一番よかった。
単純に歌で感動してちょっと泣いてしまいました(笑)
まぁ、ソニンがいいというよりは、原曲のパワーが9割以上。

EEの頃の歌は、HelloとSUNRISEのみ。
SUNRISEでファンになったと言っても過言ではないので、
歌ってくれたのはうれしかった。
でも、やっぱり、”負けんじゃねぇぜ、負けんじゃねぇぜ、自分に!!”のところは、
親指立てるポーズして欲しかったぞ!

ライブ後、ソニンの方向性とか、将来とかを一生懸命心配していた5年前。
もう、その心配はとりあえずいらなくなったのかなと。
舞台の仕事は続けられそうだし、NHKの仕事もライフサイクルになりつつある。
願わくば、キムみたいな代表作が欲しいね、なんて話も出たけれど、
少しずついろんな種類の芝居を経験していければいいと思う。
ソニンの存在感は誰にもまねできないから。

そして、また、ライブを・・・たまにでいいから(年一回ぐらい希望)、
続けて欲しいな、ってそれが一番思うこと!
[PR]
by acaciawalk | 2010-03-07 23:53 | sonim