人気ブログランキング |

あかしあのみち

acaciawalk.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 02月 ( 17 )   > この月の画像一覧

久光製薬VS東レ(GAORA)

疲れた・・・はぁ。
この疲れも”勝てば”吹っ飛ぶんですが、”勝てば”

パイオニアは”順当に”シーガルズに勝ちましたが、久光は。
これで、4強はなくなり、私の無料チケット2枚分が使われることなく
今シーズンが終了しました。
(黒鷲旗見に行けば、使えるけど、大阪まで行く気になれん。)

試合としては、「久光製薬VS東レ」というのは大好物なカードなので、
ある意味面白かったのかも知れませんが、やっぱ勝たないとなぁ~。

第4セット、22-19で勝ってたのよ?何度もセットポイントあったのよ?
まぁ、もともと第1セット落とした時点でおかしいんだけどね(かなりリードしてたし)。
終盤追いつかれて負けるというのは、今シーズン何度もあったことなので、
今年の久光の弱さが出たなぁという感じでした。

個人的にいうと、マリは以前見た時より、だいぶ逞しくなってきていて、
成長を感じました。ただ、アダムスにサーブ狙われてからなんかおかしくて、
最後も結局サーブジャッチミスで終わったわけで・・・
怪しいボールは全部拾うのが鉄則だとは思うんですけど、
弱気になったのかな?と思いました。
んで、終わった後、あまりショックも見せず
笑顔が見えてたのが少し腹立ちましたが(笑)、
たぶんそういうタイプなんだろうとある意味感心しました。

対角のカナはなんでいつも自信なさげモードに戻っちゃうんだろうねぇ。
これだけ実績もあるし、信頼されているというのに。今シーズンはちょっと残念。

今日は成田が調子良かったので、もう少し成田を使って欲しかったかな。
やはりね、こういう試合は成田みたいな選手が活きると思うんですよね。

サキはね、カッコいいです。その一言に尽きます、はい。

リベロ・吉田は、いいんじゃないでしょうか?
なんといっても久光を”守備も(?)良いチーム”に変えてしまったわけですから、
それは凄い功績かと思います。
数字的な部分だけでなく、動きも良かったと思います。

トーマスは、微妙だなぁ~。もちろん良いスパイクを打つんですけど、
ミスも度々あったし。なんとなく信頼感があるようなないような。

最後につるじさん。テレビ的にアップにされることが少なかったので、
表情が判りづらかったのですが、昔のガンガン引っ張る感じ、
決まったときに最高の笑顔で喜ぶ感じというのが、減ったなぁと思った。
副キャプテンになったことで、キャプテンのマリを支える
縁の下的存在に自分で意識しているのかもしれないけど、
やっぱりちょっと寂しかったりね。

はぁ、、、久光どうなるんでしょう。
来年、つるじさん、サキ、イク、カナらが残るかどうか判りませんが(えっ、ミツは?(^^;)、
チームの方向性、強化方針、色々課題が大きそうな気がします。
バレーに理解のある企業だとは思いますが、
やはりやるからには本腰入れて強化してほしい、ってのが願いです、はい。

それにしても、終わった直後の脱力感は凄かったです。
久光ってだけで必死に応援してしまうDNAが組み込まれてるのかっつうぐらい疲れた。
昔に比べれば魅力減ってるのに、そう簡単には他のチームのファンにはなれません。
by acaciawalk | 2005-02-27 16:10 | volley

87%(第7回)

勤務先のリストラと同じようにガンにかかるということは、

「普通のこと」

なのだそうです・・・
嫌な世の中ですね。寂しいというか切ないというか。
でも、これがこのドラマの最大のテーマなのかもしれません。

手術は成功したものの抗がん剤投与が始りました。
第1ステージで、ガンを完全に駆除できても、
抗がん剤投与して、放射線治療ってやるんですね・・・
あと、乳ガン患者専門のブラジャー屋さん、
テレビであるのは知ってましたが(ワコールだっけかな?)、
一人一人に合わせて中に入れるビーズを
ああやって注入するとは知らなかった。

このドラマのお陰で乳ガンの治療に対する知識は
なんとなく増えるのは良いのですが、
一歩油断すると、「乳ガンは身近にある普通の病気です」という
教育テレビのドラマの雰囲気が漂い始めちゃうのが難です。
今回では、ブラジャー屋の販売員さんなんか全然女優さんぽくなくて、
”夏川結衣の先進企業訪問!”的雰囲気でした。


宇月医院を首になったと思ったら、あっさり戻ってきた黒木先生。
奥さんの遺言どおり、”医者として”生きることを決意した模様。
でも、その後の晶子の言葉に影響され、”人として”生きることも垣間見せる。
なんか、この辺、黒木先生というのは謎なんですよねぇ。
心に深い傷を持っていて、”人として”の生き方を忘れてしまったように見えつつも、
案外あっさり晶子に影響される。しかも授業参観で。

そう、授業参観といえば、あの展開はありえません(笑)
「もうしばらく、孫だと思わせて欲しい」と黒木先生に言われて、
「はぁ・・・・」と答える晶子に、
そりゃ「はぁ・・・、だよな、はぁ・・・」と思ってしまいました。
孫だと思うのは結構ですが、
「私が母親です!」ぐらいは名乗らせてくれって思いますよねぇ。
さらに問題は、お義母さんだけでなく、
黒木先生までも”先生、違います。”とか言い出しちゃって、
晶子にしてみりゃ、自分の息子の授業参観で、
何言い出してんだぁ~!!って感じかと思うんですが。
まぁ、晶子も晶子で、先生にはっきりものを言えちゃうってのは、
母は強しでどっちもどっち、似たもの夫婦!ではなくて、
似たもの”医者と患者”なのかもしれないですが。
救いは蒼太がそういうことに鈍感なこと。あの子でよかったよ。
敏感な子だったら、2~3日登校拒否してもおかしくないね、まったく。

っと、そんな子だからこそ鎹になったりして、こうなったら、
黒木先生と一緒になるしかないんじゃないかというぐらいの
ひどいリストラにあった晶子。
ほんと、こんな話し、世間では「普通」にありそうで、
でも、皆が皆、黒木先生のようなカッコいいお医者さんが
そばにいるわけではないので、
やはり、晶子には、闘病に加えて、頑張って黒木先生もゲット!!!
とかドラマ好きとしては勝手に思いをめぐらしますが、
実際問題は”それどころじゃないっ!”です・・・よねぇ・・・すみません・・・

来週は夏川さんの髪型が変わるようで。
もちろん役作りで、しかも重たい理由があるわけですが、
髪の短い夏川さん、好きなのでぇ~えへへ(^^)
特に「私たちが好きだったこと」の愛子ぐらいが最高。
by acaciawalk | 2005-02-23 23:54 | yui

小心者

今、外出の合間に携帯で
恐る恐る、20日のJT戦の結果を見てみた。。。

勝ってる!しかもスンゴイスコア!!

GAORA契約してるのに見なかった。
あ~、なんて小心者なのだ(>_<)。かんなり悔しいぃ。

これで、最終戦、パイオニアがシーガルズに”順調に”勝って、
久光が東レに”順調に”勝てば、
4強行けるんとちゃう!?というか、行ってくれ~。無料観戦チケット使わせて下さい。

来週はGAORA忘れないようにしないと!
by acaciawalk | 2005-02-22 13:03 | volley

HEY!HEY!HEY! (2/14放送分)

ソニンのライブに行きつつも、きっちり録画。
なぜって、「松田聖子VS中森明菜」のボーリング対決があったから!!
遅ればせながら見ました。

やはりこの二人こそストライクな(ボーリングだけにね(爆))世代なのでね。
見る前の予想通りの展開でとっても楽しんで見ることができました。

前半のはしゃぐ明菜VS引く聖子も予想通りだったけど、
聖子がまぐれのストライクを取った後の明菜のマジっぷりも予想通り。
負けず嫌いだわ~。運動神経に関しては、明菜の方が数段良いと思われるので、
やはり負けたくなかったんだろーなー、と。
ダウンタウンの調子もあって、明菜が勝ったら勝ったで素直にうれしそう。
ここは聖子が負けといて正解です。明菜が負けてたら空気重いですから。

せっかく勝ったのに、罰ゲーム(いろんなカブリモノをする)をする聖子をみて、
ちょっと羨ましがって、自分から変なもの被りだすのも明菜っぽい。
しかも、選んだ被り物がヤンキー系。さすが。

まっちゃんに「明菜様は被らなくていいんですよ」と言われても、
「聖子さんがやるなら、私もやりたい。」って。
先輩を立ててるというよりは、単なるライバル心。

と、ここで、このセリフをきいて、何かどっかで聞いたことがあるなぁと思い出した。

「亜弥ちゃんがやるなら!」

そうだ、マシューの時のソニンだ!
得意技”ウィンク”というあややに対して、ソニンが発した言葉である。
そして、対抗してやったウィンクが、これである。
b0023908_21451625.jpg

(画像元:ソニン特集

同じライバル心でも、自分を活かしつつ、相手も立てれるウィンクなのだ。
やはりソニンはいい子だ。

えっと、念のため。私はもちろん明菜派でした。
by acaciawalk | 2005-02-21 21:50 | sonim

あびる優問題

いや、こんなん書くつもりなかったんだけど、
ほんと偶然、その告白のときだけ見てたので、
ちょっと自己主張したくなった。

  「私、その告白、見てた~!!」

世間を震撼?させるような問題発言に
生(正確には録画ですが)で立ち会った時というのは、
なんとなく、叫びたくなったりします。

http://flash24.kyodo.co.jp/?MID=RANDOM&PG=STORY&NGID=home&NWID=2005021701003096
http://www.nikkansports.com/ns/entertainment/f-et-tp0-050217-0020.html
http://www.geocities.jp/abiabiru2000/
by acaciawalk | 2005-02-18 01:11 | other

堂本剛の正直しんどい

暇つぶし企画という、全く金のかかってない企画で、
久しぶりにバラエティ出演。

ソニンは剛くん好きだし(ファン公認)、
剛くんもソニンにはあまり照れはないようだし、
なかなか良い感じでした。2人きりというのも見たかったが、
一緒に出てたレギュラーは良い人そうで、
無邪気にくっっっっだらない暇つぶし遊びをやってる4人というのは
面白かったっす。

その中で、ジャンケンで親になった人が言った適当な数にあたる
携帯のメモリ番号の人に電話する(朝9時に)というのがありました。
親となった剛くんが言った番号は12番。
ソニンの12番はモー娘。の矢口。
なんかね、この人選にテレビを感じてしまいました。
おそらく12番だろうが、100番だろうが、ソニンが電話かけれるのは矢口くらいかと。
2年ぐらい前は、大人になりたくないといって、
上戸彩や鈴木えみといった年下と仲が良かったようだけど、
最近はやたら年上志向のソニンさん。あんまり年下とは遊んでない感じ。
そんな中、矢口は数少ない同い年、しかも芸能界の先輩+つんく♂ファミリーということで、
色々と軽い話しから重い話しまで出来る良い関係のようで、
というか、他に友達いないんじゃないか?ぐらいの勢いで、
ルール説明してる段階で、「こりゃ矢口だろうな」と思ったらビンゴでした。
まぁ、いいんですけどね。

久しぶりに、ソニンのバラエティ面(口の中にモノが入ってる状態で変な顔とか見ると、
必ず噴出すところとか、必要ないのに芸人のボケにかぶせるところとか、
よれよれの靴下履いているところとか)を見れて幸せでした。

やっぱ、眉間に皺寄せて歌ってるソニンだけじゃ魅力ないよね。
こういう面も見せてくれないと!

おそらくひどい風邪をひいていた頃だと思うんだけど、
かんなりハイテンションでした。しかも朝の5時入りで!です。
ご苦労さまです。あれだけテンションあがったのは、
バラエティというのもあるけど、剛くんだからかなぁ。
剛くんならソニンファンは大喜びなんですが、って剛ファンが怒りますね、はい。
by acaciawalk | 2005-02-17 23:30 | sonim

87%(第6回)

なんだか、変なというか散漫な展開になってる気がするのは
私だけですかね。

元々夏川さん主役、共演者モックンってわけではなくて、
夏川さん・モックンの両主演みたいなイメージではあったけど、
今回はモックンの話がメインでした。

手術は成功したんだけど、途中泣いて手術時間が延びたことが原因で
いきなりのリストラ。”それはないぜ、とらちゃん”と思ったけど、
まぁ、人の命を預かっている院長としては仕方ないとして、百歩譲ったとしても、
黒木先生のプライベートを何もあそこまで喋らなくてもいいような気が。
その理由が、「イライラしてた。メガネが見つからない」って!!
だから、だいぶ前に言ったじゃないですかぁ!メガネは買いなさいって!!
(と、それは口実でしょうけど・・・)

ん~、なんかね、夏川さんに余計なセリフが多いからかな。
モックンは今まであまり感情を出すようなセリフがなかったんだけど、
夏川さんはちょっと内面言葉にしすぎかなぁと。
せっかく、喋らないでも表現できる人なのに、もったいない気がしちゃうんですね。
あとね、回想が多かったり、前回は夢落ちがあったりして、
それも散漫というか間延びしてる印象を与えてるような気がします。

まだ6回で手術は成功。ってことは・・・う~ん。
来週は保険会社の支店も閉鎖されそうだし、明るい展開が浮かばない。
創太と弓子さんの掛け合いや、晶子と黒木先生の関係とか
多少、明るいミライを期待してはみるものの・・・う~ん、、、う~ん、、、
by acaciawalk | 2005-02-16 23:31 | yui

「Super Chocolate Factory」 in Shibuya O-West

出演者:ソニン/Ai+BAND/Minx Zone/彩with SUPER VIBRATION

全体の客数は100人強?ソニンは4組中3番目に登場

簡単に他のバンドの感想も。

”彩 with SUPER VIBRATION ”
 デビューしたばかりのようです。残念ながら魅力なし。
 曲調が好きじゃなかった。

”Minx Zone”
 大阪弁の”鈴木紗理奈”みたいなしゃべりをするボーカルと女の子のドラム、
 ギター、ベースは男の子でした。
 前のバンドよりはポップでメッセージ性のある歌詞で
 良いかもと思いました。ただ、声が。
 しゃべりだけでなく歌も少し”鈴木紗理奈”が入ってる。ん~、、、残念。

”ソニン”
 まぁ、ファンの贔屓目ですから。
 セットリストは、
  1、ジグソーパズル
  2、カレーライスの女
  3、ほんとはね。
  4、Lovin'You(ミニー・リパートンカバー)
  5、あすなろ銀河
  6、東京ミッドナイトロンリネス。
 
 この中ではやはりLovin'Youです。
 初めてのソニンのコンサート、2002年夏の荒川以来のLovin'You。
 あの時は、正直ギターがかなり下手で、心配しながら見てたのだけど、
 その声の美しさと、英語が英語に聞こえる(笑)発音にうっとりしたものでした。
 今回は、そこに魂が加わって、ギターも数段上手くなって、
 すばらしかった。これだけのためにこのライブに行ったと思える、
 損はなかったと思えました。
 あとは、場数を踏んでる空気とでもいいましょうか。
 バンド系のライブが、ピアノ1本の”ほんとはね。”とギター1本の”Lovin'You”で、
 会場の場所が変わったかのような空気変換。見事でした。
 そして、最後は東京ミッドナイトロンリネスで、空気を元に戻して終了。
 良かったと思います。
  
 正直、前2組(特に1組目)を見る限り、
 このライブにソニンが出る意義が良くわからなかった。
 前2組はデビュー仕立と新曲発売日ということで、
 CDを売ることが目的だというのは判ったけど、
 ソニンは??初心を忘れるな?ってことかな???
 どんな気持ちで対バンやるんだろ?と心配していたけど、
 ソニンにはそんな邪念は全く感じなかった。
 良いライブをしよう、楽しもうという気持ちだけが伝わってきました。 
 
”Ai+BAND”
 どんなバンドか知らなかったんですが、
 Aiというボーカルと、ギター2人、ベース、ドラムの5人グループ。
 ボーカルだけでなく、バンドメンバーのショーマンシップが凄くて、
 何故かと思ったら、↓のようなメンバーだった!!
   川西幸一(元ユニコーン)
   川添智久(元LINDBERG)
   本田毅(元PERSONZ)
   森純太(元JUN SKY WALKER(S))

 すごすぎなんですが・・・。
 ソニンが最後かな?と思っていたけど、このメンバーのバンドなら仕方ないです。
 しかも曲もパーソンズやらリンドバーグも混ざっていて、
 なんだか凄いノリやすい感じになってました。
 ちなみにボーカルのAiさんは、ぱっと見、浜崎あゆみです。

先日のライブとソニン以外のバンドとそのファンを見て思ったのが、
ソニンの目指す方向は、ロックバンド系ではないなと。
限りなくニューミュージック系あるいは歌謡曲だなと。
こうなったら、ウェルカム、中島みゆきです。
ソニン本人もファンみたいですから、書いてくれないかなぁ~。
by acaciawalk | 2005-02-14 23:22 | sonim

久光製薬、武富士に惜敗

勝てば希望があったような気がしますが、
これでかなり苦しくなってきました。
スカウトも弱くなったし、若手も育ってない。
う~ん・・・久光の今後はどうなるんでしょう。
アビさん戻ってきてくれないでしょーか。
スカウティング面で有利だと思うんだけど。
by acaciawalk | 2005-02-12 23:43 | volley

「ソニン LIVE2005 あすなろ銀河」 in 渋谷eggman

ソニン初のワンマンバンドライブ。

セットリスト

1.ジグソーパズル
2.カレーライスの女
3.Winter~寒い季節の物語~
4.誰より好きなのに
5.化粧(中島みゆきカバー)
6.さよならした日から(ドラム演奏)
7.悲しくてやりきれない(ザ・フォーク・クルセダーズカバー)
8.I LOVE YOU
9.ほんとはね。
10.HELLO!新しい私
11.東京ミッドナイト ロンリネス
12.青春のSUNRISE
アンコール
13.あすなろ銀河
14.言葉にできない(小田和正カバー)

なんというか、ソニンのターゲットは予想以上に
上(年齢的に)だということが判ったようなライブでした。
でも、”さよならした日から”とか”青春のSUNRISE”を
入れてくるところがにくいしうれしい。
ベースの人がやったユウキラップもそれなりになってたし。
それがありなら、今後何でもありだと思わせた。

誰か中島みゆきにコネがある人いないだろうか。
マジで”化粧”はすごすぎる。
あの曲が似合う21歳はいけないと思う。曲書いてくれないかなぁ~。

”言葉にできない”を最後に持ってきちゃったのは、
ソニンらしいといえばソニンらしいのかもしれない。
真面目な性格、何かを伝えたい、歌しかない、ファンへのありがとう・・・
いろんな想いで最後この曲を選んだんだと思う。
でも、やはり最後はソニンの曲で締めて欲しかった。
それだけが残念。

約1年半前の初ツアーファイナル、SHIBUYA-AXで、
「次はもっと大きなところで・・・(渋公で)」みたいな事いっていたんですが、
今は何故かeggman。でも、今回のようなライブをやっていたら、
渋公は早いかもしれないけど、
OnAir-EAST、SHIBUYA-AXは普通にできると思う。
ターゲットの年齢層を考慮すると、ライブハウスよりホールがいいんですが(笑)
まぁ、ソニン自身も以前は「より大きなところで」といっていたのが、
最近は「末永く」と言ってるので、こちらも末永く見守って行きたいと思います。
末永く見守るためにも、ヒット曲、代表曲が何か1曲、ほしいんです!切実!!
by acaciawalk | 2005-02-11 23:40 | sonim